2021年04月29日 05時00分 公開
特集/連載

そのWeb会議は「録画すべき」か? 判断基準を考える特選プレミアムコンテンツガイド

テレワークの普及とともにWeb会議は欠かせないツールとなった。一方でWeb会議ツールはプライバシーの問題をはらんでいる。録画データの適切な扱い方は。録画することにメリットがある会議の種類とは。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 テレワークの普及とともにWeb会議ツールの利用が急速に広がる中、そこに潜むプライバシー問題の重要性にも意識が向けられるようになった。例えば「Web会議の主催者が会議を録画する場合、そのデータをどこに保存して、誰にアクセス権限を与え、どのくらいの期間保持すべきか」といった事項だ。どんな目的のWeb会議なら録画すべきなのか、という判断基準も議論の的になっている。

 Web会議のプライバシー問題をどのように回避し、適切に運用するにはどうすればよいか。実務においてどのような管理が必要になるのか。本資料は、Web会議ツールのプライバシー問題について米国ではどのような議論が進んでいるか、アナリストの見解をまとめた。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...