2021年04月29日 05時00分 公開
特集/連載

そのWeb会議は「録画すべき」か? 判断基準を考える特選プレミアムコンテンツガイド

テレワークの普及とともにWeb会議は欠かせないツールとなった。一方でWeb会議ツールはプライバシーの問題をはらんでいる。録画データの適切な扱い方は。録画することにメリットがある会議の種類とは。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 テレワークの普及とともにWeb会議ツールの利用が急速に広がる中、そこに潜むプライバシー問題の重要性にも意識が向けられるようになった。例えば「Web会議の主催者が会議を録画する場合、そのデータをどこに保存して、誰にアクセス権限を与え、どのくらいの期間保持すべきか」といった事項だ。どんな目的のWeb会議なら録画すべきなのか、という判断基準も議論の的になっている。

 Web会議のプライバシー問題をどのように回避し、適切に運用するにはどうすればよいか。実務においてどのような管理が必要になるのか。本資料は、Web会議ツールのプライバシー問題について米国ではどのような議論が進んでいるか、アナリストの見解をまとめた。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。