2021年04月29日 05時00分 公開
特集/連載

そのWeb会議は「録画すべき」か? 判断基準を考える特選プレミアムコンテンツガイド

テレワークの普及とともにWeb会議は欠かせないツールとなった。一方でWeb会議ツールはプライバシーの問題をはらんでいる。録画データの適切な扱い方は。録画することにメリットがある会議の種類とは。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 テレワークの普及とともにWeb会議ツールの利用が急速に広がる中、そこに潜むプライバシー問題の重要性にも意識が向けられるようになった。例えば「Web会議の主催者が会議を録画する場合、そのデータをどこに保存して、誰にアクセス権限を与え、どのくらいの期間保持すべきか」といった事項だ。どんな目的のWeb会議なら録画すべきなのか、という判断基準も議論の的になっている。

 Web会議のプライバシー問題をどのように回避し、適切に運用するにはどうすればよいか。実務においてどのような管理が必要になるのか。本資料は、Web会議ツールのプライバシー問題について米国ではどのような議論が進んでいるか、アナリストの見解をまとめた。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...