人間的な「チャットbot」が引き起こす重い問題とは?特選プレミアムコンテンツガイド

「チャットbot」は機械学習を使ったプログラムによって人間に近い回答をすることも可能だ。ただし人間に近づくと、ある倫理的な問題を引き起こすようになる。その問題とは何か。チャットbot活用の“正解”とは。

2021年05月13日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 自動的に対話をするようにプログラムされた「チャットbot」は、問い合わせへの応対やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)での潜在的な顧客への情報発信など、さまざまなシーンで活用されるようになってきた。定型の回答文を返信する人間的なチャットbotだけではなく、機械学習によって人間に近い回答ができるチャットbotも開発されている。

 人間に近い回答ができるようになるほど、チャットbotはある倫理的な問題を引き起こすようになるという。企業がビジネスにチャットbotを活用する上で、人間的なチャットbotは必ずしも正解にはならない。本資料は、チャットbotの倫理問題と、適切なチャットbot活用のヒントを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。