2021年05月13日 05時00分 公開
特集/連載

人間的な「チャットbot」が引き起こす重い問題とは?特選プレミアムコンテンツガイド

「チャットbot」は機械学習を使ったプログラムによって人間に近い回答をすることも可能だ。ただし人間に近づくと、ある倫理的な問題を引き起こすようになる。その問題とは何か。チャットbot活用の“正解”とは。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 自動的に対話をするようにプログラムされた「チャットbot」は、問い合わせへの応対やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)での潜在的な顧客への情報発信など、さまざまなシーンで活用されるようになってきた。定型の回答文を返信する人間的なチャットbotだけではなく、機械学習によって人間に近い回答ができるチャットbotも開発されている。

 人間に近い回答ができるようになるほど、チャットbotはある倫理的な問題を引き起こすようになるという。企業がビジネスにチャットbotを活用する上で、人間的なチャットbotは必ずしも正解にはならない。本資料は、チャットbotの倫理問題と、適切なチャットbot活用のヒントを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...