手のひらサイズの「ミニPC」 その大き過ぎる実力とは特選プレミアムコンテンツガイド

「ミニPC」は手のひらにも乗る程度の、超小型のデスクトップPCだ。小型だがその実力を侮ってはいけない。見た目からは想像しにくい、ミニPCの意外な実力に迫る。

2021年05月06日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 超小型デバイスである「ミニPC」は、その大きさからは想像ができないくらい多様なタスクをこなせる。「小型デスクトップPC」とも呼ばれ、筐体(きょうたい)の大きさは横幅10〜15センチ、奥行き10〜15センチ程度の製品が主流だ。

 ミニPCはサイズこそ一般的なデスクトップPCやノートPCよりも小さいが、できることに大きな違いはない。中には64GBの大容量のメモリを搭載する製品もあり、企業の小規模拠点のサーバとして使うことも可能だ。価格も一般的なノートPCやデスクトップPCと大差はない。

 テレワーク用のデバイスとしても、企業であれば小規模拠点のサーバとしてもミニPCの活用が考えられるだろう。本資料は、ミニPCの具体的な使用例を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。