「サーバが落ちました」をいら立たせずに伝える方法特選プレミアムコンテンツガイド

システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。IT部門のヘルプデスクはユーザーの苦情をどう受け止め、どのように対処すればよいのか。

2021年05月27日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 システム障害の中には、IT部門のコントロールが及ばないものもある。たとえそうだとしても、IT部門のヘルプデスクのスタッフが、障害を問い合わせたユーザーにただ「申し訳ありません」と謝るだけでは解決にならない。

 不満を募らせたユーザーは、最初の連絡相手であるIT部門のヘルプデスクにいら立ちを伝えることがある。ユーザーはヘルプデスクそのものにいら立っているわけではない。システム障害と、結果的に生じたさまざまな損失にいら立っている。残念だが、時には暴言に発展してしまうこともある。

 システム障害について謝罪しながらユーザーとのオープンな対話を保つには、どうすればいいのだろうか。本資料は、システム障害時の「うまい謝罪」を構成する3つの要素と、ユーザーをいら立たせずに適切な情報を提供するこつをまとめた。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。