2021年06月10日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍が生んだ「医療機関CIOの新たな役割」とは?特選プレミアムコンテンツガイド

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、医療機関にIT投資戦略の変化を迫る。そのかじ取りを担う医療機関CIOの役割も、必然的に変化が求められる。どう変わればよいのか。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、医療機関CIO(最高情報責任者)の役割を変えるきっかけになる可能性がある。

 コロナ禍の影響で遠隔モニタリングや遠隔診療といった遠隔医療のニーズが高まっている。その実現を目指すには、適切な技術と組織が必要だ。遠隔医療の利用機会が増えるほど「相互運用性」の課題が無視できなくなる。「患者が必要な治療を素早く受けられるように、システムが相互連携してシームレスなデータのやりとりを実現する」というニーズは、コロナ禍でますます意識されている。

 こうした中、医療機関のCIOはどう変わればよいのか。本資料は、コロナ禍に伴う医療ITのトレンド変化を整理した上で、医療機関CIOの新たな役割を考察する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...