2021年06月10日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍が生んだ「医療機関CIOの新たな役割」とは?特選プレミアムコンテンツガイド

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、医療機関にIT投資戦略の変化を迫る。そのかじ取りを担う医療機関CIOの役割も、必然的に変化が求められる。どう変わればよいのか。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、医療機関CIO(最高情報責任者)の役割を変えるきっかけになる可能性がある。

 コロナ禍の影響で遠隔モニタリングや遠隔診療といった遠隔医療のニーズが高まっている。その実現を目指すには、適切な技術と組織が必要だ。遠隔医療の利用機会が増えるほど「相互運用性」の課題が無視できなくなる。「患者が必要な治療を素早く受けられるように、システムが相互連携してシームレスなデータのやりとりを実現する」というニーズは、コロナ禍でますます意識されている。

 こうした中、医療機関のCIOはどう変わればよいのか。本資料は、コロナ禍に伴う医療ITのトレンド変化を整理した上で、医療機関CIOの新たな役割を考察する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...