医療従事者と患者を支援する「人工知能」(AI)の6つの用途特選プレミアムコンテンツガイド

医療現場で人工知能(AI)技術を活用すると、医療従事者の業務効率を改善し、患者に手厚いケアを提供できるようになる可能性がある。医用画像解析や診断支援など、AIが活躍する6つの用途を紹介する。

2023年03月16日 04時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 人工知能(AI)技術を医用画像解析や診断支援に活用することで、医療従事者の業務の質と効率を高め、患者をより手厚くケアできるようになる可能性がある。AIのように新しい技術を現場で活用しようとすると、データの互換性や法規制といった課題に直面するのは医療現場の常だ。医療機関の経営陣はそうした課題を踏まえてAI技術を評価した上で、導入すべきか否かを検討しなければならない。

 本資料は、「医療従事者の仕事を支援する」「患者ケアを支援する」という2つの観点で、医療におけるAI技術の用途を解説する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:医療に役立つ「AI」6つの用途

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...