YouTubeやTwitterに習う「先手」のAI活用方法とは?特選プレミアムコンテンツガイド

AI技術は企業のビジネスを変える大きな可能性を秘めている。先行してAI技術を活用してきた企業は、どのような方法でAI技術の活用に取り組んでいるのか。重要なのは、最初から完璧さを求めないことだ。

2021年06月17日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 機械学習などのAI(人工知能)技術の活用は幅広い分野に広がっている。科学技術などの専門的な領域だけではなく、消費者向けのサービスをはじめとしたビジネスの領域でもAI技術の活用が一般的になってきた。企業はAI技術をビジネスの中に取り込まなければ、他社との競争において劣勢になってしまう時代になってきたと言っても過言ではない。

 AI技術の活用に取り組んだ経験がなければ、成功させられるのかどうかの判断もつかず、具体的に着手できない場合もあるだろう。ただし重要なのは、まずは取り組んでみることだ。なぜなら、AI技術は運用開始時点で完璧を目指すのではなく、運用をする中で学習を続け、常に変化を目指すものだからだ。本資料は、YouTubeやTwitterのような企業がどのようにAI技術の活用に取り組んでいるのかを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。