2021年06月29日 05時00分 公開
特集/連載

Internet Explorerが終わる日 代役ブラウザの本命は特選プレミアムコンテンツガイド

Microsoftはついに「Internet Explorer」(IE)のサポートを終了する。IEの代役として、今度はどのWebブラウザを使えばよいのか。最適な移行先や移行方法を選択するためのヒントを説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2022年6月、Microsoftは「Windows 10」におけるWebブラウザ「Internet Explorer 11」(IE 11)のサポートを終了する。IEを積極的に利用する“IE愛好家”やレガシーアプリケーションをIEで動かしている企業であっても、安全にWebブラウザを使い続けるためには、IEから別のWebブラウザに移行する必要がある。

 MicrosoftはIEユーザーに対して、新しい標準Webブラウザ「Edge」への移行を促している。だがIEの移行先としてEdgeが最適とは限らない。Edgeや、モバイルデバイスユーザーを中心に急速に普及したGoogle「Chrome」とは異なる、もう一つの移行先を有力視する専門家もいる。

 IEのサポート終了は、アプリケーションの利用にどのような影響を及ぼすのか。IEからの移行先となるWebブラウザの“本命”とは。本資料は、IEサポート終了がもたらす課題と、その対処法を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...