2021年06月29日 05時00分 公開
特集/連載

Internet Explorerが終わる日 代役ブラウザの本命は特選プレミアムコンテンツガイド

Microsoftはついに「Internet Explorer」(IE)のサポートを終了する。IEの代役として、今度はどのWebブラウザを使えばよいのか。最適な移行先や移行方法を選択するためのヒントを説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2022年6月、Microsoftは「Windows 10」におけるWebブラウザ「Internet Explorer 11」(IE 11)のサポートを終了する。IEを積極的に利用する“IE愛好家”やレガシーアプリケーションをIEで動かしている企業であっても、安全にWebブラウザを使い続けるためには、IEから別のWebブラウザに移行する必要がある。

 MicrosoftはIEユーザーに対して、新しい標準Webブラウザ「Edge」への移行を促している。だがIEの移行先としてEdgeが最適とは限らない。Edgeや、モバイルデバイスユーザーを中心に急速に普及したGoogle「Chrome」とは異なる、もう一つの移行先を有力視する専門家もいる。

 IEのサポート終了は、アプリケーションの利用にどのような影響を及ぼすのか。IEからの移行先となるWebブラウザの“本命”とは。本資料は、IEサポート終了がもたらす課題と、その対処法を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...