2021年06月29日 05時00分 公開
特集/連載

Internet Explorerが終わる日 代役ブラウザの本命は特選プレミアムコンテンツガイド

Microsoftはついに「Internet Explorer」(IE)のサポートを終了する。IEの代役として、今度はどのWebブラウザを使えばよいのか。最適な移行先や移行方法を選択するためのヒントを説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2022年6月、Microsoftは「Windows 10」におけるWebブラウザ「Internet Explorer 11」(IE 11)のサポートを終了する。IEを積極的に利用する“IE愛好家”やレガシーアプリケーションをIEで動かしている企業であっても、安全にWebブラウザを使い続けるためには、IEから別のWebブラウザに移行する必要がある。

 MicrosoftはIEユーザーに対して、新しい標準Webブラウザ「Edge」への移行を促している。だがIEの移行先としてEdgeが最適とは限らない。Edgeや、モバイルデバイスユーザーを中心に急速に普及したGoogle「Chrome」とは異なる、もう一つの移行先を有力視する専門家もいる。

 IEのサポート終了は、アプリケーションの利用にどのような影響を及ぼすのか。IEからの移行先となるWebブラウザの“本命”とは。本資料は、IEサポート終了がもたらす課題と、その対処法を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...