2021年03月23日 05時00分 公開
特集/連載

採用管理システム(ATS)導入に学生獲得――「リモート採用」4つのヒント「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第4回】

従来の採用プロセスに幾つかの新しい方法を追加するだけで、リモート採用がうまくいくと考えるのは間違いだ。人事部門がリモート採用を成功させるための4つのヒントを紹介する。

[Pam Baker,TechTarget]

関連キーワード

人事


 人事部門が、採用プロセスをオンラインで進める「リモート採用」を成功させるためには何をすればよいのか。連載第3回「◆URL◇タイトル ◆」までに、リモート採用を成功に導くための12個ヒントのうち8個を紹介した。本稿は残り4個のヒントを紹介する。

ヒント9.採用管理システム(ATS)の利用を検討する

 デジタルマーケティング代理店Incrementors Web Solutionsでマーケティングマネジャーを務めるブラック・ネルソン氏によると、同社はリモート採用プロセス全体で応募者を管理するために「採用管理システム」(ATS)を採用した。ATSを利用することで「採用担当者が変わっても応募者とのつながりを保つことができるため、コミュニケーションにぶれが生じない」とネルソン氏は説明する。応募者の履歴書を全てATSに保管することで、採用担当者が情報を常に整理できるという。

ヒント10.可能な限りプロセスを自動化する

 応募者とのコミュニケーションが最優先事項になるため、一次選考や面接のスケジューリングといった一般的なプロセスをできる限り自動化するとよい。それにより「採用担当者は応募者とのやりとり強化に集中できるようになる」と、調査会社Nucleus Researchのアナリスト、エベリン・マクマレン氏は語る。

ヒント11.“次世代の社会人”学生をターゲットにする

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...