まずは明確なセキュリティポリシー 攻撃に強くなる“5点チェックリスト”とはブランドを守るセキュリティ【後編】

企業はサイバー攻撃に対抗し、ブランド価値を守るために、標的になるリスクを認識しなければならない。デジタル技術の活用とともにセキュリティを確保するにはどうすればいいのか。5つのポイントをまとめた。

2021年09月16日 05時00分 公開
[Vishal SalviTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)をきっかけとして、企業はデジタル技術の活用に本腰を入れている。そうした企業はセキュリティに注目すべきだ。ブランドの価値を損なう可能性のある攻撃を防ぐことは企業にとって死活問題となる。前編「セキュリティは万全か? デジタル技術を活用する前に考えておきたいこと」に続き、後編となる本稿はセキュリティ対策において何を重視すればいいのか、5つのポイントに沿って紹介する。

「対処」より「回避」 攻撃を先読みする“あの技術”に投資すべし

ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...