2021年09月16日 05時00分 公開
特集/連載

まずは明確なセキュリティポリシー 攻撃に強くなる“5点チェックリスト”とはブランドを守るセキュリティ【後編】

企業はサイバー攻撃に対抗し、ブランド価値を守るために、標的になるリスクを認識しなければならない。デジタル技術の活用とともにセキュリティを確保するにはどうすればいいのか。5つのポイントをまとめた。

[Vishal Salvi,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)をきっかけとして、企業はデジタル技術の活用に本腰を入れている。そうした企業はセキュリティに注目すべきだ。ブランドの価値を損なう可能性のある攻撃を防ぐことは企業にとって死活問題となる。前編「セキュリティは万全か? デジタル技術を活用する前に考えておきたいこと」に続き、後編となる本稿はセキュリティ対策において何を重視すればいいのか、5つのポイントに沿って紹介する。

「対処」より「回避」 攻撃を先読みする“あの技術”に投資すべし

 企業はデジタル技術の活用に本格的に取り組むことによって、セキュリティ面でさまざまな課題に直面する。サイバー攻撃に備え、ブランド価値を守るためにはどうすればいいのか。

1.攻撃を大きなリスクとして認識する

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

Logicadが音声広告配信機能を拡充 「Spotify」「radiko」への配信を開始
今後大きな成長が期待される市場へ広告枠を拡張。

news080.jpg

ハヤカワ五味氏×本田哲也氏 社員全員PRマインドを作る方法を語る
「最新版 戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」出版記念イベントから、著者である本田...

news058.jpg

Salesforceがデジタル営業支援を強化 「Sales Cloud」に“サブスク管理”など3機能を追加
AIを活用したインサイト、統合されたセールスイネーブルメントリソース、顧客主導のセル...