2021年09月15日 05時00分 公開
特集/連載

「マイクロラーニング」とは? 短時間でトピックごとに学べる研修方法マイクロラーニングを成功に導くヒント【前編】

「マイクロラーニング」は、これまでの一般的な研修手法とはどう違うのか。そのメリットは何か。マイクロラーニングの基本的な内容を整理する。

[Eric St-Jean,TechTarget]

関連キーワード

人事


 eラーニングにおいて「マイクロラーニング」は重要な研修手法だ。ただしマイクロラーニングを実践する際、企業は適切な方法を選択する必要がある。

 ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウス氏は、大量の情報を一度に学習するとすぐにそれを忘れてしまうという「忘却曲線」理論を唱えた。トピックを細かく分けて、1回の学習時間を短時間にするマイクロラーニングは、“忘却”と戦う有効な研修方法の一つだ。

 ビジネスの世界では概して、マイクロラーニングはほんの2〜3分でできる一口サイズのレッスンを指す。一般的に一度の学習に30分以上かかる伝統的な企業研修用eラーニング講座とは対照的な短さだ。マイクロラーニングの教材形式は、動画や音声、記事など多岐にわたる。

「マイクロラーニング」のメリットと最適な利用シーンは

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...

news020.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。