2021年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

「クラウドサービス移行」の見切り発車は失敗のもと まず考えるべきこととは?クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】

システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。

[John Burke,TechTarget]

 クラウドサービスの真のメリットを生かすには、オンプレミスのインフラからクラウドサービスへの戦略的な移行ロードマップが必要だ。だが最高情報責任者(CIO)は総じて最小限の計画しか立てずに、行き当たりばったりの方法で自社システムのクラウドサービス移行を続けている。

 「SaaS」(Software as a Service)や「IaaS」(Infrastructure as a service)の利用が広がる中で、クラウドサービスでさまざまなシステムを実行し、うまく使いたいと考えているCIO(最高情報責任者)もいるだろう。いまだシステムの大半をオンプレミスのインフラで運用している企業は、クラウドサービスへの移行を進めなければならないという大きなプレッシャーを感じている。

 プレッシャーを感じる理由はさまざまだ。「IT部門をデータセンタービジネスから脱却させる」ためにクラウドサービスに全面移行したいと考える経営陣もいれば、コストを最適化し、リスクを最小限に抑えてアジリティ(俊敏性)とスケーラビリティ(拡張性)を強化するためにシステムの一部を移行したいと考える経営陣もいる。

 システムをむやみにクラウドサービスに移行させるだけでは計画は失敗に終わる。だからこそCIOにはロードマップが必要だ。

 企業がシステムのクラウドサービス移行に着手する前に、考えるべきポイントは4つある。まずはそのうち2つを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...