2021年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

「クラウドサービス移行」の見切り発車は失敗のもと まず考えるべきこととは?クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】

システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。

[John Burke,TechTarget]

 クラウドサービスの真のメリットを生かすには、オンプレミスのインフラからクラウドサービスへの戦略的な移行ロードマップが必要だ。だが最高情報責任者(CIO)は総じて最小限の計画しか立てずに、行き当たりばったりの方法で自社システムのクラウドサービス移行を続けている。

 「SaaS」(Software as a Service)や「IaaS」(Infrastructure as a service)の利用が広がる中で、クラウドサービスでさまざまなシステムを実行し、うまく使いたいと考えているCIO(最高情報責任者)もいるだろう。いまだシステムの大半をオンプレミスのインフラで運用している企業は、クラウドサービスへの移行を進めなければならないという大きなプレッシャーを感じている。

 プレッシャーを感じる理由はさまざまだ。「IT部門をデータセンタービジネスから脱却させる」ためにクラウドサービスに全面移行したいと考える経営陣もいれば、コストを最適化し、リスクを最小限に抑えてアジリティ(俊敏性)とスケーラビリティ(拡張性)を強化するためにシステムの一部を移行したいと考える経営陣もいる。

 システムをむやみにクラウドサービスに移行させるだけでは計画は失敗に終わる。だからこそCIOにはロードマップが必要だ。

 企業がシステムのクラウドサービス移行に着手する前に、考えるべきポイントは4つある。まずはそのうち2つを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...