「データの倫理的活用なんて当たり前」と自信満々な人ほど危険な理由データの倫理的活用を考える【第4回】

AI技術のために用意したデータを、企業は倫理的に扱えているのか。データの倫理的活用に自信を見せるビジネスリーダーもいるが、その実態は。

2021年04月06日 05時00分 公開
[Maria KorolovTechTarget]

関連キーワード

プライバシー | 個人情報保護


 第3回「“取りあえずデータ収集”の落とし穴 『警察や検察へのデータ開示』が招く問題」は、データ収集に伴うリスクと消費者との信頼関係の重要性を解説した。今回は、企業が人工知能(AI)技術を扱うに当たって直面し得るデータ利活用の課題を紹介する。

「データの倫理的活用に自信あり」のビジネスリーダーほど危険な理由

 データの倫理的扱いにおける今後の重要なポイントは、AI技術を活用したシステムの構築だ。調査会社IDCでシニアリサーチアナリストを務めるビョーン・ステンゲル氏は、AI技術の倫理的活用に自信を見せる企業が少なくないことに触れ、この傾向に警鐘を鳴らす。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。