2021年04月05日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍の企業文化は「ダイバーシティー&インクルージョン」の視点で醸成する企業文化変革に効くコミュニケーションツール【前編】

パンデミックに伴いテレワークが当たり前になった今、企業文化にも変化の必要性が生じている。企業は自社の企業文化をどのように見直せばよいのか。鍵となるのが「ダイバーシティー&インクルージョン」の視点だ。

[Jon Arnold,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、企業にとって想定外の事態だった。企業は総じて、オフィスワークからテレワークへの大規模な移行には備えていなかったと考えられる。

 テレワークはしばらくの間続きそうだ。全ての業務がテレワークに置き換わったわけではないものの、テレワークを標準にした企業は雇用慣行を再考している。

 既にテレワークをしている従業員だけでなく、新入社員が守るべき仕事の基本ルールと求められるパフォーマンスも変わった。企業が直面する大きな課題は、組織を“個々の従業員の集まり”以上のものにする文化を構築し、育てることだ。

テレワーク普及で脚光の「ダイバーシティー&インクルージョン」

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...