2021年04月05日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍の企業文化は「ダイバーシティー&インクルージョン」の視点で醸成する企業文化変革に効くコミュニケーションツール【前編】

パンデミックに伴いテレワークが当たり前になった今、企業文化にも変化の必要性が生じている。企業は自社の企業文化をどのように見直せばよいのか。鍵となるのが「ダイバーシティー&インクルージョン」の視点だ。

[Jon Arnold,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、企業にとって想定外の事態だった。企業は総じて、オフィスワークからテレワークへの大規模な移行には備えていなかったと考えられる。

 テレワークはしばらくの間続きそうだ。全ての業務がテレワークに置き換わったわけではないものの、テレワークを標準にした企業は雇用慣行を再考している。

 既にテレワークをしている従業員だけでなく、新入社員が守るべき仕事の基本ルールと求められるパフォーマンスも変わった。企業が直面する大きな課題は、組織を“個々の従業員の集まり”以上のものにする文化を構築し、育てることだ。

テレワーク普及で脚光の「ダイバーシティー&インクルージョン」

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...