2021年01月14日 05時00分 公開
特集/連載

AI×データプライバシーの主な用途「データ特定」「フェデレーテッドラーニング」とは?データプライバシー管理に「AI」を生かす【第3回】

データプロフェッショナルの労力削減につながるAIデータプライバシーツールは、多くの点で企業に恩恵をもたらす。本稿ではこの技術の用途について解説する。

[George Lawton,TechTarget]

 第2回「データプライバシー管理に『AI』を使うなら無視できない課題とは?」は、データへのアクセス権限を誰が所有するか、誰がそのアクセス権限を認定するかといった「データプライバシー」の管理にAI(人工知能)技術を活用する際の課題を整理した。第3回からは、AI技術を活用したデータプライバシー管理ツールの主な用途を取り上げる。主要な用途は以下の通りだ。

  1. データの特定
  2. フェデレーテッドラーニング
  3. 異常な挙動の検出(第4回で紹介)
  4. 応対の自動化(第4回で紹介)
  5. 消費者の知識の強化(第4回で紹介)

1.データの特定

 データをサンプリングすることは、データセットやドキュメントのどこに個人情報があるのかを特定するのに役立つ。「クラウドサービスやオンプレミスのインフラに何百件ものデータベースを持つ企業は、どのデータベースを守る必要があるのかを見極めることは簡単ではない」。データセキュリティベンダーProtegrity USAのデータおよびAI担当エグゼクティブバイスプレジデント、エリアノ・マーケス氏はそう解説する。これは特に、半構造化データ、ドキュメント、画像が複雑なシステムに散らばっている場合に当てはまる。

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...