2021年01月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Amazon AppFlow」「Amazon EventBridge」の基礎 AWSの2大SaaS連携ツールAWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【前編】

各クラウドベンダーは、複数のSaaS間でデータを送受信するためのSaaS連携ツールを提供している。その中からAWSの「Amazon AppFlow」「Amazon EventBridge」を説明する。

[Ernesto Marquez,TechTarget]

 複数のSaaS(Software as a Service)を利用する企業は、複数のSaaS間でデータを安全に転送し、資格情報を管理して、それぞれのSaaSが生成して保存するデータを確認できる状態にする必要がある。自社のアプリケーションをIaaS(Infrastructure as a Service)でホストする企業は、このような外部のSaaSと連携するイベントの自動処理にも取り組まなければならない。これらの用途に利用できるのが、SaaS連携ツールだ。

 クラウドベンダー各社は複数のSaaSを連携させ、データを一元管理するために、SaaS連携ツールを提供している。ツールによって解決できる問題や用途、対象ユーザー企業が異なる。ソフトウェア開発者向けのツールからITの専門知識を持たないユーザー向けのツールまで多岐にわたる。前中後編にわたり、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft、Google、サードパーティーが提供するSaaS連携ツールを紹介する。

AWSのSaaS連携ツール

 AWSは自社のIaaSにアプリケーションをホストするユーザー企業向けに、「Amazon AppFlow」と「Amazon EventBridge」という2つのSaaS連携ツールを提供している。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...

news034.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10
オンラインショッピングの顧客体験と売り上げを向上させる「パーソナライゼーションエン...