2021年01月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Amazon AppFlow」「Amazon EventBridge」の基礎 AWSの2大SaaS連携ツールAWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【前編】

各クラウドベンダーは、複数のSaaS間でデータを送受信するためのSaaS連携ツールを提供している。その中からAWSの「Amazon AppFlow」「Amazon EventBridge」を説明する。

[Ernesto Marquez,TechTarget]

 複数のSaaS(Software as a Service)を利用する企業は、複数のSaaS間でデータを安全に転送し、資格情報を管理して、それぞれのSaaSが生成して保存するデータを確認できる状態にする必要がある。自社のアプリケーションをIaaS(Infrastructure as a Service)でホストする企業は、このような外部のSaaSと連携するイベントの自動処理にも取り組まなければならない。これらの用途に利用できるのが、SaaS連携ツールだ。

 クラウドベンダー各社は複数のSaaSを連携させ、データを一元管理するために、SaaS連携ツールを提供している。ツールによって解決できる問題や用途、対象ユーザー企業が異なる。ソフトウェア開発者向けのツールからITの専門知識を持たないユーザー向けのツールまで多岐にわたる。前中後編にわたり、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft、Google、サードパーティーが提供するSaaS連携ツールを紹介する。

AWSのSaaS連携ツール

 AWSは自社のIaaSにアプリケーションをホストするユーザー企業向けに、「Amazon AppFlow」と「Amazon EventBridge」という2つのSaaS連携ツールを提供している。

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織...

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...