「ランサムウェア」攻撃で閉鎖した教育機関は、まず何をしたのか?学校を襲うランサムウェア攻撃【前編】

2020年11月に米国の公立学校区であるBPCSがランサムウェア攻撃を受け、システムがダウンした。連休直前に判明したこの被害を受け、BPCSは何をしたのか。

2021年01月13日 05時00分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

 教育機関を狙うランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃が巧妙化している。米国では2020年9月ごろに新学期が始まり、教育機関は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてオンライン教育を導入した。これを受けてオンライン教育用システムを狙う攻撃が活性化し、11月の連休で事態が一層悪化した。

ランサムウェア攻撃を受けた学校区は何をしたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...

news182.jpg

モバイルゲームの最新トレンド 「ハイブリッドカジュアル」はなぜ好調なのか?
AdjustとAppLovinは共同で、モバイルビジネスとしてのモバイルゲームの最新トレンドやデ...

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...