データプライバシー管理に「AI」を使うなら無視できない課題とは?データプライバシー管理に「AI」を生かす【第2回】

データプライバシー管理にAI技術を利用すれば、業務の労力削減が期待できる。ただし過度な期待は禁物だとの声もある。どういうことなのか。

2021年01月07日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 第1回「データプライバシー管理を『AI』に任せたくなる“これだけの理由”」は、データへのアクセス権限を誰が所有するか、誰がそのアクセス権限を認定するかといった「データプライバシー」の管理にAI(人工知能)技術を用いるメリットを紹介した。第2回は、データプライバシー管理においてAI技術が直面し得る課題と、具体的な用途を解説する。

データプライバシー管理における「AI」の課題と限界

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...