2021年01月07日 05時00分 公開
特集/連載

データプライバシー管理に「AI」を使うなら無視できない課題とは?データプライバシー管理に「AI」を生かす【第2回】

データプライバシー管理にAI技術を利用すれば、業務の労力削減が期待できる。ただし過度な期待は禁物だとの声もある。どういうことなのか。

[George Lawton,TechTarget]

 第1回「データプライバシー管理を『AI』に任せたくなる“これだけの理由”」は、データへのアクセス権限を誰が所有するか、誰がそのアクセス権限を認定するかといった「データプライバシー」の管理にAI(人工知能)技術を用いるメリットを紹介した。第2回は、データプライバシー管理においてAI技術が直面し得る課題と、具体的な用途を解説する。

データプライバシー管理における「AI」の課題と限界

 主な課題は、AI技術を使ったデータプライバシー管理ツールをトレーニングして、業界や自社のビジネスモデル、その分野の規制について理解させることにある。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.png

クラウドサーカスのMAツール「BowNow」が機能拡充、無料版でもメール配信が可能に
リードナーチャリング活動をよりミニマムにスタート可能に。

news016.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...