2023年11月09日 05時00分 公開
特集/連載

SNSマーケティングが面倒ではなくなる「生成AIツール」3選ビジネスに使える「生成AIツール」6選【後編】

企業がマーケティングにSNSを活用するのは一般的になった。一方でSNSの効果的な活用方法に悩む企業は少なくない。SNSマーケティングの成功に役立つ生成AIツール3つと、その特徴や課題を紹介する。

[Christine CampbellTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | チャットbot


 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の強みである拡散力に注目し、マーケティングにSNSを活用する企業の動きが広がっている。一方で、コンテンツの作成や投稿の管理方法に頭を悩ませる企業は少なくない。こうした問題の解消に役立つのが、テキストや画像などを自動生成するAI技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)ツールだ。SNSマーケティングに特化した生成AIツール3つの特徴を紹介する。

Rapidely

 マーケティング企業Deelee Consultingが提供する「Rapidely」は、SNSマーケティング向けのAIツールだ。SNS向けのコンテンツを生成する他、「Instagram」「LinkedIn」「TikTok」「Facebook」「X」(旧「Twitter」)など複数のSNSアカウントにおける投稿を一元的に管理するハブ機能も持つ。

 スライドショー作成用のテンプレートや、Instagramのリール(フルスクリーン縦長で30秒以内の短尺動画)で人気の音楽を提案する機能を搭載しており、ユーザーはこれらの機能を活用してコンテンツの反響率向上につなげることができる。

 ユーザーはRapidelyにキーワードを入力するだけで、複数のコンテンツを生成でき、その中から気に入ったものを選択して投稿できる。直感的なUI(ユーザーインタフェース)を採用しており、使いやすさがメリットだ。一方で投稿の内容が平凡過ぎるという意見や、人間の担当者による投稿を望む企業も存在する。

 Rapidelyのプランには「Creator」「Social Pro」「Enterprise」「Agency」の4つがあり、それぞれの月額はCreatorが29ドル、Social Proが69ドル、Enterpriseが89ドル、Agencyが129ドルだ。Enterprise以外のプランは無料トライアル期間を提供している。

Manychat

 マーケティング企業Manychatは、SNSマーケティング向けAIチャットbot「Manychat」を提供する。AIベンダーOpenAIの大規模言語モデル(LLM)「GPT-4」をベースにしており、メッセージングアプリケーション「WhatsApp」「Messenger」やInstagramにおける顧客や見込み客とのメッセージのやりとりを自動化できる。

 例えば、顧客が何に関心があるかを質問したり、メールアドレスや電話番号を聞いたりする他、回答に基づいたプロモーション送信やフォローアップも自動で可能だ。収集した回答はデータベースに追加できる。

 自動化構築を支援するAIアシスタントやテンプレートを用意する他、ドラッグ&ドロップ型の直感的なUIを備えているため、技術的な知識や経験がないユーザーでも構築が可能だ。メール広告ツール「Mailchimp」やCRMツール「HubSpot」、表計算ツール「Google Sheets」(Google スプレッドシート)、自動化ツール「Zapier」との連携もできる。

 ユーザーはManychatを活用することで、顧客応対の迅速化だけでなく、問い合わせに対して一貫性のある回答を提供できるようになる。見込み客を獲得するためにかかるコストの削減も期待できる。一方で、メッセージテンプレートのカスタマイズができない他、製品のカスタマーサポートに改善が必要だといった意見が上がっている。

 Manychatには「Free」「Pro」「Premium」の3つのプランがある。価格はFreeが無料、Proが月額15ドル。Premiumの価格情報は、ベンダーのWebサイトでは公開されていない。

Flick

 SNSマーケティング企業Flick.Techが提供する「Flick」は、SNSマーケティング向けAIツールだ。投稿用コンテンツの作成や長文のコンテンツの要約機能を備える。ハッシュタグ(「#」から始まる分類用単語)の自動作成管理、分析機能も備え、投稿をより多くの人々に届ける施策にも役立てられる。

 投稿のスケジュール管理機能もある。複数のSNSにおける投稿スケジュールを一括で管理でき、ドラッグ&ドロップ型で直感的な操作が可能だ。

 一方で、モバイルアプリケーション向けの機能が限られている他、投稿の自動公開が機能しない時があるといった問題を指摘する声が上がっている。

 Flickには「Solo」「Pro」「Agency」の3つのプランがある。年間契約の場合の月額は、Soloは11ポンド、Proは24ポンド、Agencyは55ポンドだ。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。