Windows 11のトラブル原因は「システムファイル」にあった? その確認方法とはWindows 11のトラブルシューティング6選【第3回】

「Windows 11」搭載のPCで、明確な解決方法が存在しない問題が起こったとき、役立つのはトラブルシューティングの一連の方法を試してみることだ。システムファイルの修復に関する方法を紹介する。

2023年09月22日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

Windows 11 | Windows 10 | OS | 運用管理


 MicrosoftのクライアントOS「Windows 11」で何らか解決しにくい不具合が発生したとき、エンドユーザーや企業のIT担当者はどのようなトラブルシューティングを試せばいいのか。幾つかある基本トラブルシーティングのうち、本稿は3つ目としてシステムファイルに関する方法を紹介する。

「Windows 11」のトラブルシューティングその3:システムファイル

 OSの更新プログラムの適用や、ストレージの空き容量を確保しても問題が解決しない場合、次は「システムファイルチェッカー」(SFC:System File Checker)を実行する。システムファイルチェッカーは、OSのシステムファイルの整合性を検証するコマンドラインツールだ。

 1つまたは複数のシステムファイルが破損している場合、もしくは一部のファイルのバージョンに誤りがある場合、Windows 11にさまざまな不具合が発生する可能性がある。

 システムファイルチェッカーを起動する手順は以下の通りだ。

  • 「スタート」をクリックし、「すべてのアプリ」をクリックする
  • 「Windowsツール」をクリックする
  • 「コマンドプロンプト」を右クリックし、ショートカットメニューから「管理者として実行」を選択する
  • コマンド「sfc /scannow」を入力してシステムファイルチェッカーを実行する

 問題が見つかった場合、システムファイルチェッカーは破損したファイルを表示し、修復する。


 第4回は、Windows 11が備えるトラブルシューティングツールを使用する方法を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...