Windows 11の「よくあるトラブル」を自動で解消する“便利ツール”の使い方Windows 11のトラブルシューティング6選【第4回】

「Windows 11」搭載のPCを利用していると、解決しにくいトラブルに見舞われることがある。問題を解決する方法の一つとして、Windows 11のトラブルシューティング機能を試してみよう。

2023年09月25日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

Windows 11 | Windows 10 | OS | 運用管理


 MicrosoftのクライアントOS「Windows 11」を利用していると、なかなか解決できない問題が生じることがある。そうした場合は基本となるトラブルシューティングを一つ一つ試してみよう。本稿は一連のトラブルシューティングのうち、4つ目としてWindows 11が備えるトラブルシューティング機能を紹介する。

「Windows 11」のトラブルシューティングその4:自動解決

 システムファイルの整合性を検証するコマンドラインツール「システムファイルチェッカー」(SFC:System File Checker)を試しても問題が解決しない場合は、トラブルシューティングツールを実行しよう。Windows 11は、さまざまなシステムの問題を自動的に修正するトラブルシューティングツールを組み込んでいる。

 Windows 11のトラブルシューティングツールにアクセスする手順は以下の通りだ。

  • スタートメニューから「設定」アイコンをクリックする
  • 設定画面が開いたら、「システム」タブを選択する
  • 表示されたリストをスクロールして、「トラブルシューティング」をクリックする

 トラブルシューティング画面には、Windows 11の基本的なトラブルシューティングの選択肢が表示される。通常は「その他のトラブルシューティングツール」をクリックする。これで自動トラブルシューティングのリストが表示される。

 リストをスクロールして、PCに起きている問題に最も近いと考えられるものを見つけよう。対象の項目を見つけて「実行する」をクリックすると、そのトラブルシューティングのプロセスが起動する。各トラブルシューティングそれぞれの動作は多少異なるが、通常はウィザード(対話形式による操作)のインタフェースを使用しており、自動で診断と修復を実施する。


 第5回は、Windows 11のシステムを特定時点に復元する方法を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...