「Windows 11がどこかおかしい」なら最初に試すべきトラブル解消法“更新”とは?Windows 11のトラブルシューティング6選【第1回】

「Windows 11」搭載のPCで解決しにくい何らかの問題を抱えた場合、IT担当者はどのようなトラブルシューティングを実施したらよいのか。問題の解決につながる一連の手順がある。

2023年09月18日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

Windows 11 | Windows 10 | OS | 運用管理


 MicrosoftのクライアントOS「Windows 11」で、仕事の生産性低下につながりかねない不具合が発生したとき、迅速かつ効果的にトラブルシューティングを実施する必要がある。ただしWindows 11に移行したばかりのエンドユーザーや、企業のIT担当者は、Windows 11に関するトラブルシューティングのノウハウを十分に持っていない。

 トラブルシューティングのこつは、特定の問題にとらわれない手法を取ることだ。Windows 11のほぼ全ての問題に使用できる、一連のトラブルシューティングの手順が存在する。

「Windows 11」のトラブルシューティングその1:更新

 まずはOSの更新機能「Windows Update」を実行する。近年、Windows Updateには「OSのセキュリティ機能を更新するための機能」というイメージが定着しつつある。それは間違いではないが、この機能の目的はそれだけではない。

 MicrosoftはOSの不具合を修正するプログラムも提供しており、エンドユーザーやユーザー企業はWindows Updateを介してそれを適用できる。利用可能な更新プログラムの全てを適用することで、エンドユーザーが直面した問題は解消される可能性がある。

 利用可能な更新プログラムを確認する手順は以下の通りだ。

  • スタートメニューで「設定」をクリックする
  • 設定画面が表示されたら、「Windows Update」を選択する
  • ダウンロードをクリックする
  • 更新プログラムによっては、PCの再起動をする

 第2回は、ストレージに関連するトラブルの解消法を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。