Windows 11復活の“奥の手”とそれが失敗したときの“駄目押し”はこれだOSを元通りにする“あの手”の基本【第1回】

Windows 11を利用していてどうにも修復できない問題が発生した場合、どうすればいいのか。最終手段として選択できる方法と、その方法が失敗した場合の対策を紹介する。

2023年09月25日 05時00分 公開
[Ed TittelTechTarget]

関連キーワード

Windows 11 | Windows | OS | ビジネスPC


 PCを使用していると、どのような対策を試しても修復できない問題が発生することがある。それはMicrosoftのクライアントOS「Windows 11」でも起きる。そのときに実行できる最終手段を紹介しよう。ただし最終手段を実行する場合は、それに失敗した場合にどうすればよいのかも考えておく必要がある。

Windows 11の「最終手段」と「駄目押し対策」はこれだ

 Windows 11の問題を修復する最後の手段は、工場出荷時と同じ状態に戻す「リセット」(初期化)を実行することだ。リセットすると、そのPCのユーザーが実施したあらゆる設定やカスタマイズ、さらにはユーザーがインストールしたアプリケーションも消える。

 リセットは簡単に実行できる。ただし実行前には幾つか確認すべき点がある。まずバックアップだ。Windows 11のシステム全体を丸ごとバックアップする「イメージバックアップ」を作成し、復元する方法を用意しておこう。

 Paramount Software UKの「Macrium Reflect」などのバックアップツールを使うと、「レスキューメディア」をUSBメモリやDVDに作成できる。レスキューメディアとはPCを起動するためのデータ、あるいはそれを保管する記録媒体のことだ。リセットで何か問題が発生した場合、レスキューメディアを使ってPCをリセット前の状態に戻せる。


 第2回は、Windows 11でリセットが必要になる2つの事態を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...