2021年07月28日 05時00分 公開
特集/連載

優秀なIT人材が逃げる“駄目な求人票”とは?「ITスキルギャップ」を埋める方法【第3回】

企業は自社にとっての理想的な人材を求めて求人票を出す。求める要件を明記することは大切だが、欲張り過ぎると社内の「ITスキルギャップ」を加速させてしまう可能性がある。それはなぜなのか。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

ERP | 人事


 第2回「IT人材の争奪戦も影響? 『ITスキルギャップ』が深刻化する原因は」は、企業がIT人材に求めるスキルと企業内の実際のスキルとのギャップである「ITスキルギャップ」を引き起こす要因を紹介した。第3回の本稿は、ITスキルギャップが企業のビジネスに及ぼす影響を解説する。

 企業は概して、少ない労力で多くの見返りを得ようとする。採用においても同様だ。採用人数を抑えたいがために、複雑な役割を複数担当できる人材を求める。

「ITスキルギャップ」を深刻化させる“駄目な求人票”

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...