「非同期なチーム」が効率的に共同作業をするには、どんなツールとルールが必要か「非同期型の働き方」のベストプラクティス【後編】

テレワークとオフィスワークを組み合わせた働き方が当たり前な時代、チームメンバーは働く時間も場所もばらばらな場合がある。チームが効率的に働くためには、どのような情報を共有するためのツールが必要なのか。

2023年03月15日 05時00分 公開
[Andrew FroehlichTechTarget]

関連キーワード

Web会議 | 在宅勤務


 テレワークとオフィスワークの従業員が混在するチームは、それぞれの働く場所や勤務時間が異なることが珍しくない。このように「非同期型の働き方」をするチームが共同作業をする際に生じがちな、コミュニケーションや情報共有の課題を解決するには、どのようなITツールが必要になるのだろうか。

非同期型の働き方を効果的に実現するには

 非同期型な働き方をするチームメンバー同士が共同作業の効果を高めるには、以下のITツールが不可欠だ。

  • 完了済み/未完了の仕事に関するレポートを文書化するITツール
  • プロジェクトの各パートまたはワークフローの状況を正確に追跡し、ハイライトしてくれるメッセージングツールと文書化ツール
  • チームメンバーが任意のキーワードやフレーズで情報を検索できるITツール
  • 目標、期限、各チームメンバーの責任を明示するダッシュボード

 企業が非同期型の働き方を成功させるには、ITツールを用意するだけでは不十分だ。自社の文化を調整して、非同期型の働き方を支持する必要がある。つまり管理者は、経営陣の賛同の下に、従業員に期待されることを定める枠組みを整備し、適切なコミュニケーションツールとリモートアクセスの仕組みを用意する必要がある。そしてプロジェクトの全関係者は、各自の作業の進捗(しんちょく)状況を入念に記録して、他のチームメンバーと適宜情報を共有することを怠ってはならない。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。