言語の壁は「ビジネスチャット」や「Web会議」で越えるべし D&Iの第一歩企業文化変革に効くコミュニケーションツール【後編】

企業がテレワーク前提時代に適した企業文化を醸成する上で、コミュニケーションツールが果たす役割とは何か。ダイバーシティー&インクルージョンの視点から探る。

2021年04月19日 05時00分 公開
[Jon ArnoldTechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 前編「コロナ禍の企業文化は『ダイバーシティー&インクルージョン』の視点で醸成する」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により企業が直面する新たな課題を紹介した。課題として挙がったテレワーク下での企業文化の醸成について、コミュニケーションツールがどのように効果を発揮するのか。ダイバーシティー&インクルージョン(D&I:人材の多様性を広げ、それを受容する文化を形成すること)の視点から考える。

ビジネスチャットやWeb会議が「言語の壁」を乗り越える鍵に

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...