2021年04月19日 05時00分 公開
特集/連載

言語の壁は「ビジネスチャット」や「Web会議」で越えるべし D&Iの第一歩企業文化変革に効くコミュニケーションツール【後編】

企業がテレワーク前提時代に適した企業文化を醸成する上で、コミュニケーションツールが果たす役割とは何か。ダイバーシティー&インクルージョンの視点から探る。

[Jon Arnold,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 前編「コロナ禍の企業文化は『ダイバーシティー&インクルージョン』の視点で醸成する」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により企業が直面する新たな課題を紹介した。課題として挙がったテレワーク下での企業文化の醸成について、コミュニケーションツールがどのように効果を発揮するのか。ダイバーシティー&インクルージョン(D&I:人材の多様性を広げ、それを受容する文化を形成すること)の視点から考える。

ビジネスチャットやWeb会議が「言語の壁」を乗り越える鍵に

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...