2021年04月19日 05時00分 公開
特集/連載

言語の壁は「ビジネスチャット」や「Web会議」で越えるべし D&Iの第一歩企業文化変革に効くコミュニケーションツール【後編】

企業がテレワーク前提時代に適した企業文化を醸成する上で、コミュニケーションツールが果たす役割とは何か。ダイバーシティー&インクルージョンの視点から探る。

[Jon Arnold,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 前編「コロナ禍の企業文化は『ダイバーシティー&インクルージョン』の視点で醸成する」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により企業が直面する新たな課題を紹介した。課題として挙がったテレワーク下での企業文化の醸成について、コミュニケーションツールがどのように効果を発揮するのか。ダイバーシティー&インクルージョン(D&I:人材の多様性を広げ、それを受容する文化を形成すること)の視点から考える。

ビジネスチャットやWeb会議が「言語の壁」を乗り越える鍵に

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...