2022年12月05日 08時15分 公開
特集/連載

多様性、公平性、包摂性「DEI」への反発を恐れて“無口”になっては駄目な理由「DEI」が職場の分断を招く?【後編】

「DEI」(多様性、公平性、包摂性)の取り組みは、逆に従業員の分断を拡大させかねないという。それでも専門家は「沈黙するよりも意思表明をする方がいい」と説く。その理由は。

[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

ERP | 人事


 「DEI」(ダイバーシティー、エクイティー、インクルージョン:多様性、公平性、包摂性)の向上に向けた取り組みは、かえって従業員同士の分断を深刻化させているとの見方がある。調査会社Gartnerのアナリストであるレーチェル・ローレンス氏は「DEIの取り組みに対する抵抗や反発に対処する最良の方法は、真っ向から立ち向かうことだ」と語る。

沈黙は「全ての人を遠ざける」

 反発を避けることが習慣になれば、事実上の現状維持となる。抵抗に屈したと取られる状態が、文化の一部として定着してしまう。「経営幹部がDEIのポリシーや取り組みについて沈黙すると、どの立場の従業員であっても『疎外された』と感じる。自分の声を聞いてもらえないと感じるからだ」とローレンス氏は説明する。

 Gartnerによると、米国に影響を与えている政治的および社会的な分断は、ビジネスのあらゆる領域に、同じように影響を与えている。同社のアナリストであるフランク・バイテンダイク氏は、2022年10月開催のカンファレンス「Gartner ReimagineHR Conference」に、「経営陣は社会の変化にどう対処すべきか」というテーマで登壇。同社が2021年6月〜7月に、経営幹部273人を対象に実施した調査の結果を紹介した。それによれば、回答者の57%が「両極化が、米国民が抱える最大のリスク要因だ」と考えている。

 従業員が特定の社会問題について、CEOと同じ意見を持っているとは限らない。しかし「沈黙を保つことには代償が伴う」とバイテンダイク氏は警告する。「社会的トピックについて率直に発言すると、従業員の一部や顧客の一部を遠ざけてしまう恐れがある。だが社会的問題について率直に発言しないと、全ての人を遠ざけてしまいかねない」(同氏)

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...