嫌でも逃げられない「クラウドベンダーロックイン」を拒む人、喜ぶ人の考え方クラウドの「ベンダーロックイン」を避ける方法【第1回】

クラウドサービスを利用する上で注意が必要なのが、他ベンダーのクラウドサービスへの移行を阻む「ベンダーロックイン」だ。なぜベンダーロックインに注意が必要なのか。そもそもベンダーロックインは“悪”なのか。

2023年06月06日 10時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 クラウドベンダーによって、提供するクラウドサービスの特徴は異なる。ニーズに応じた適切なクラウドベンダーを選ぶことが必要なことは言うまでもない。重要なのは、クラウドベンダーを選定し、契約した“後”だ。

クラウドの「ベンダーロックイン」は“悪”なのか、そうではないのか

 今まで利用していたクラウドサービスが、さまざまな要因からニーズに合わなくなることがある。契約しているところとは別のクラウドベンダーが、よりニーズに適したクラウドサービスを提供し始めたら、そちらに移行したいと考えるのは自然なことだ。

 クラウドサービスによっては、他ベンダーのクラウドサービスへの移行が難しいことがある。クラウドサービスの導入前に対策を講じれば、特定ベンダーに過度に依存する「ベンダーロックイン」を回避し、より自社に合ったクラウドサービスに移行しやすくなる。

 ベンダーロックインの影響を軽減するには、まず自社のアプリケーションがどのクラウドサービスで稼働しているかを把握する必要がある。アプリケーションを他ベンダーのクラウドサービスに移す必要がある場合は、そのアプリケーションが技術的、コスト的に移行可能かどうかを確認する。

 ベストプラクティスに従うことで、クラウドサービスのベンダーロックインの影響を軽減することが可能だ。一方で、あえてベンダーロックインを受け入れる選択肢もある。

 システムインテグレーターのEnsonoでバイスプレジデントを務めるオリバー・プレスランド氏は「ユーザー企業にとってベンダーロックインの影響を受けることは、必ずしも悪いことではない」と断言する。プレスランド氏によれば、クラウドベンダーが競合他社にはない独自の機能を提供している場合、ベンダーロックインが選択肢になり得る。


 次回は、ベンダーロックインを防ぐためのクラウドサービス選びのポイントを説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。