2020年09月16日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドユーザーが「ベンダーロックイン」を恐れないシンプルな理由クラウド時代のベンダーロックインを考える【前編】

ユーザー企業はIaaSやPaaSといったクラウドサービスを導入するときに、ベンダーロックインの心配をしなくなりつつある。その背景には何があるのか。

[Trevor Jones,TechTarget]

 製品やサービスを利用したときに起こるベンダーロックインは長年警戒されてきた。クラウドサービスが普及する中、ユーザー企業は以前ほどベンダーロックインを恐れなくなりつつある。ベンダーロックインが問題になるのは、導入したベンダーの製品やサービスに不満があっても、簡単に他社の製品やサービスへ乗り換えることができない場合だ。オープンソース技術の利用の広がりによって、クラウドサービス間の移行が簡単とは言えないものの可能になってきたことが、ベンダーロックインに関する意識変化の背景にある。

 S&P Global Market Intelligence傘下の調査会社451 Researchでリサーチ担当バイスプレジデントを務めるメラニー・ポージー氏によると、クラウドサービスを導入したくない理由の中で、ベンダーロックインは少しずつ順位を落としている。ユーザー企業はセキュリティやコスト管理ほど、ベンダーロックインを問題としなくなってきたという。

ベンダーロックインは「もはや問題ではない」

 ポージー氏によると、451 Researchが実施した調査では、IaaS(Infrastructure as a Service)とPaaS(Platform as a Service)のベンダーロックインを「非常に懸念している」と回答した組織は10%で、「やや懸念している」と回答した組織は32%だった。「ベンダーロックインの課題があると言われていても、それがクラウドサービスを導入しない理由にはなっていない」とポージー氏は説明する。

 ユーザー企業にとってクラウドサービスは身近な技術になりつつあり、ベンダーロックインに関する考え方も変化した。アプリケーション開発の俊敏性を高めることを優先し、ベンダーロックインをあまり不安視しない傾向が強まっている。

 ベンダーロックインの問題は珍しい話ではない。オンプレミスのデータセンターを持つ企業にとって、長期に及ぶサーバの保守契約と有償ソフトウェアライセンスの契約は、長年の悩みの種だった。ハードウェアやソフトウェアの調達・保守が不要なクラウドサービスの登場によって、ユーザー企業はこうした問題からいったん解放された。

 その後さらに、クラウドサービスにおけるベンダーロックインの不安を軽減する、移植性の高い「Docker」や「Kubernetes」などの新しいコンテナ技術が誕生した。こうした技術を使って複数のクラウドサービスで同じアプリケーションをホストして、ベンダー同士を競わせれば、有利な契約を引き出せると考えるユーザー企業もある。ただしこれは現実的ではない。

 「そんなことで決定権を握ろうとしても無駄だ」と、主要クラウドサービス群である「Amazon Web Services」(AWS)と「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」のオンライントレーニングコースを提供するA Cloud Guruで、クラウドトランスフォーメーション担当シニアバイスプレジデントを務めるドリュー・ファーメント氏は話す。「それは電力会社3社を自宅に呼んで有利な料金を引き出そうとするようなもので、全く意味がない」(ファーメント氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...