2020年09月17日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「クラウドセキュリティ」の基礎 機能とその役割は?「ネットワークセキュリティ」と「クラウドセキュリティ」の違い【後編】

「クラウドセキュリティ」は、具体的にどのような機能を持ち合わせているのか。保護対象を中心にクラウドセキュリティの基本事項を整理した上で、「ネットワークセキュリティ」との関連性を解説する。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

 混乱を招きがちな2つの用語「クラウドセキュリティ」と「ネットワークセキュリティ」。両者はどのようなもので、どのような関連性があるのか。前編「いまさら聞けない『ネットワークセキュリティ』の基礎 何を保護するのか?」は、ネットワークセキュリティの概要を説明した。後編となる本稿は、他方のクラウドセキュリティの概要を紹介する。

クラウドセキュリティとは何か

 クラウドセキュリティという言葉は、さまざまな意味で使われる。

 IaaS(Infrastructure as a Service)などのクラウドサービスを保護するために、社内LANで利用するものと共通のセキュリティ機能を活用できる場合がある。そのようなセキュリティ機能を指してクラウドセキュリティと呼ぶことが一般的だ。

 IaaSベンダーが独自に提供している「ファイアウォール」機能や「IPS」(侵入防止システム)機能、「VPN」(仮想プライベートネットワーク)機能などは、クラウドセキュリティの一部だと言える。こうしたネットワークセキュリティツールの機能だけでなく、サーバやコンテナ、アプリケーションを保護する機能もクラウドセキュリティに含まれる。

 クラウドセキュリティは、他にも次のようなセキュリティ機能を含む。

  • データ暗号化
  • クラウドサービス利用時の多要素認証(MFA)
  • サーバやアプリケーションでのマルウェア対策
  • サーバやアプリケーション、データベース管理システムの監視、検査、分析

 サードパーティーがクラウドサービスとして提供するセキュリティ機能のことをクラウドセキュリティと呼ぶこともある。この場合は「SECaaS」(Security as a Service)とも呼ばれる。


 ネットワークセキュリティとクラウドセキュリティの違いは何か。ネットワークセキュリティは、オンプレミスのインフラとクラウドサービスの両方に関わる存在だ。さらにクラウドセキュリティの一部を構成する要素でもある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。

news021.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news027.jpg

売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが100億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を...