2020年02月21日 05時00分 公開
特集/連載

ネットワークセキュリティの「やるべきこと」と「今すぐやめるべきこと」2020年のネットワークセキュリティ展望【前編】

2020年のネットワークセキュリティの主なトレンドを考えると、ランサムウェアやクラウドに対する攻撃が挙げられる。こうした脅威から自社を守るためには、何を用意すべきだろうか。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 私はネットワークセキュリティのトレンドについてよく質問を受ける。ネットワークセキュリティを構成する要素は非常に多く、着目すべき領域を見極めるのは難しい。最新テクノロジー、ネットワークセキュリティ担当者の業務、ビジネスプロセスの改善など、構成要素は幅広い。重要なのは、自社の環境とビジネスに何が必要かを理解することだ。

 2020年に何を想定すべきだろうか。引き続き最重要課題となるのは、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)をはじめとする高度なマルウェアだ。これまでランサムウェアを用いることで膨大な利益を得てきた攻撃者は、今後もランサムウェアの悪用を続けるだろう。

 もう一つの重要な課題がクラウドセキュリティだ。「Microsoft Azure」「Amazon Web Services」「Google Cloud Platform」といったクラウドサービスのセキュリティを強化することで、企業はさらなる恩恵を得ることができる。

「ネットワークセキュリティ」のやることリスト

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。