2020年09月17日 05時00分 公開
特集/連載

「VDI」の知るべき真実 「管理が楽で高セキュリティ」の“例外”VDIの“誤解”を検証する【前編】

VDIのメリットとしてよく挙がるのが、クライアント端末の管理負荷の軽減やセキュリティ対策の強化だ。実はVDIそのものに、IT担当者の管理負荷を増大させたり、セキュリティを脅かしたりする要素がある。それは何か。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 「VDI」(仮想デスクトップインフラ)のベンダーがアピールするクライアント端末の管理コスト削減やセキュリティ向上といったメリットは、「VDIの落とし穴」にはまると帳消しになってしまう。コストや複雑さ、パフォーマンスの問題を理由に、VDIの導入計画を縮小したり、打ち切ったりするユーザー企業は少なくない。前中後編にわたり、VDIの導入を検討する際に注意すべき点を説明する。

 企業がVDIを利用する主なメリットは、デスクトップ管理の簡素化だ。IT担当者は、多数のクライアント端末で稼働するアプリケーションやデータを個別に管理する必要がなくなり、仮想デスクトップのイメージファイルを集中管理できる。このためソフトウェアの更新やセキュリティパッチの適用などの作業が容易になる。

 VDIで管理すべき要素は、決してイメージファイルだけではない。IT担当者はVDIを構成するハイパーバイザーやサーバ、ストレージ、ネットワークなども管理する必要がある。さらにクライアント端末の管理も全くなくなるわけではない。仮想デスクトップを利用するシンクライアントやモバイルデバイスは変わらず管理の対象だ。

VDIの知られざる“落とし穴”

 サーバやストレージ、ネットワークの単一障害点(その1点が障害を起こすとシステム全体が停止してしまう可能性がある部分)をなくすために、VDIを正常に稼働させ続けるためのフォールトトレラント技術も必要になる。VDIを管理するIT担当者は、高いパフォーマンスと信頼性を維持するために、さまざまなスキルセットを必要とする。

 仮想デスクトップで利用することが難しいソフトウェアにも注意が必要だ。Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」のような比較的有名なソフトウェアは、仮想デスクトップでも問題なく利用できる。仮想デスクトップでレガシーアプリケーションや特殊なアプリケーションを利用するには、VDIの導入作業に手間をかけなければならない場合がある。

 セキュリティにも注意を払わなければならない。エンドユーザーがクライアント端末にデータを保管する必要なく、さまざまな場所やデバイスからデータやアプリケーションを利用できることは、VDIの売りだ。ただし、いったんVDIサーバにマルウェアが侵入すると、エンドユーザー全員に影響が及ぶ可能性がある。

 VDIでは、1つの問題の影響が大きくなりがちだ。小さなミスのせいで数百人、数千人のエンドユーザーが仮想デスクトップを利用できなくなることがある。VDIを導入するときは、IT担当者が堅牢(けんろう)な事業継続計画を用意し、可用性を保つ必要がある。


 中編は、VDIが持つパフォーマンス低下のリスクを掘り下げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...