2022年06月01日 05時00分 公開
特集/連載

オープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の違いとは?6つのオープンソースPaaS製品を比較【後編】

オープンソースPaaS製品を利用すれば、ベンダーロックインを避けつつ、クラウドインフラの構築や管理を効率化できる可能性がある。2つのオープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の特徴を説明する。

[Zachary Flower,TechTarget]

 PaaS(Platform as a Service)を構築可能なオープンソースソフトウェア(OSS)である「オープンソースPaaS」製品は、アプリケーションが稼働するクラウドインフラの構築や管理を効率化する手段だ。市場には複数のオープンソースPaaS製品があり、それぞれ特徴が異なる。中編「オープンソースPaaS製品『Cloud Foundry』『Dokku』『OKD』の違いとは?」に続く本稿は、主要な6種類のオープンソースPaaS製品のうち、5つ目と6つ目の特徴を説明する。

5.Porter

 5つ目のPorter Technologies「Porter」は、コンテナオーケストレーター「Kubernetes」で構築したコンテナのクラスタ「Kubernetesクラスタ」を管理するためのPaaSだ。Salesforce(salesforce.com)のPaaS「Heroku」のユーザー体験を、開発者が選んだIaaS(Infrastructure as a Service)で利用可能にする。Porterはユーザー企業がインフラとして任意のIaaSを選択できるようにするセルフホスティング機能を備える。

 Porterは独自の収益化モデルを採用している。IaaSで実行する場合、個人利用は無料で、チームや企業で利用するときの利用料金は月額200ドルから。ユーザー企業はPorterを通して任意のIaaSにKubernetesクラスタを自動的に配備し、Kubernetesクラスタを制御できる。

主な特徴

  • コマンドラインインタフェース(CLI)とグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)によるアプリケーションのデプロイ(利用可能な状態にすること)と監視
  • Amazon Web Services(AWS)のIaaSやGoogleのIaaS「Google Cloud Platform」、DigitalOceanの同名IaaSへの導入が可能
  • データベースをはじめとするワンクリックで追加できるアドオンのマーケットプレース

6.Rancher

 6つ目はRancher Labsの「Rancher」だ。同社はRancherを「Kubernetes-as-a-service」ツールと呼ぶ。Rancherには、各ベンダーのIaaSやVMwareのサーバ仮想化ソフトウェア「vSphere」などのインフラで、Kubernetesクラスタを構築したり、管理したりするための機能を備える。

 本連載が紹介した他のオープンソースPaaS製品と同様、RancherはエンドユーザーやVM、組織を一元管理するための豊富な機能がある。CUIとGUIで制御が可能だ。RancherのCUIはKubernetes公式のCUI「kubectl」のコマンドを実行する。GUIはアプリケーションの実行・管理のための機能と関数を提供する。

主な特徴

  • Dockerをベースとしたインフラの構築
  • 複数のKubernetesクラスタ管理
  • CLIとGUIによるアプリケーション管理

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...