システム開発の「技術的負債」を解消する“うまい方法”とは?「技術的負債」主要6種とその対処方法【第4回】

システム開発における技術的負債を解消するためには、企業は何をすればよいのか。効果的な解消方法を説明する。

2022年09月27日 05時00分 公開
[Will KellyTechTarget]

 IT部門が計画を立てて、システム開発における「技術的負債」(先送り作業)の管理に取り組めば、技術的負債が発生しても、企業が重要な期限を守るのに役立つ可能性がある。技術的負債をうまく管理すれば、IT部門はエンドユーザーのニーズを満たす最小限のシステムや機能を構築しやすくなる。

技術的負債をなくす“うまい方法”はこれだ

 適切な技術的負債の管理のために、IT部門がまず実施すべきことは、技術的負債があることを開発チームと運用チームに認識してもらうことだ。IT部門が技術的負債を認識できたら、技術的負債を清算する計画を立てる。コーディング規約の作成や、それに付随する開発者トレーニングの計画を組み込むとよい。

 プロジェクトマネジャーや開発者、エンドユーザーが協力して、システム開発に関する各種タスクの優先順位を付けることも重要だ。優先順位が決まり、IT部門がソースコードを確認し終えたら、技術的負債を修正する取り組みに着手する。

 企業は、技術的負債の管理と修正を社内文化に組み込むのが望ましい。これによりシステム開発を前進させながら技術的負債に対処できるようになる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...