クラウド時代の超重要人物「CDO」とは? データマネジメントの“ボス”データマネジメントの鍵「CDO」とは何か【前編】

「CxO」(Chief x Officer)の一員である最高データ責任者「CDO」が、クラウドサービス活用の成否を握る存在になりつつあるという。そもそもCDOとは何なのか。その仕事内容とは。

2022年09月27日 05時00分 公開
[Ashwin KrishnanTechTarget]

 企業がクラウドサービスの採用を進める中、データマネジメントを主導する新たなリーダーが求められている。「最高データ責任者」(CDO:Chief Data Officer)がそれだ。CDOはクラウドサービスにデータを保存したり、それらのデータを分析したり活用したりするに当たり、セキュリティやプライバシーの規則を守り、コンプライアンスを徹底することが主な仕事になる。企業はクラウドサービスの利用に本腰を入れれば、CDOの採用が欠かせなくなる。CDOは具体的に何をすればいいのか。

クラウド時代の重要人物「CDO」の主な役割とは?

 システムをクラウドサービスに完全移行する企業もあるが、クラウドサービスとオンプレミスのシステムを併用するハイブリッドクラウドにする企業も少なくない。CDOの仕事は主に、ハイブリッドクラウドにおけるデータマネジメントを想定している。ハイブリッドクラウドでは、ベンダーが異なる複数のクラウドサービスを利用するのが一般的だ。CDOがカバーする一筋縄ではいかない仕事の範囲を見てみよう。

コンプライアンス方針の作成

 データの分析や活用に取り組む際、企業はデータファブリックと呼ばれるシステム設計を採用することがある。データファブリックは、データ分析やデータマネジメントの仕組みをインフラに組み込み、1つのシステムとして運用する。企業はデータファブリックの採用によってデータを管理しやすくなる一方、コンプライアンスには、より注意を払わなければならなくなる。データファブリックに適したコンプライアンスの方針を作るのは、CDOの仕事だ。

クラウドサービス移行前のデータクレンジング

 企業はデータの分析や活用に取り組むために、オンプレミスのシステムをクラウドサービスに移行する場合、移行する前にデータクレンジングをすることが重要だ。データクレンジングとは、破損したデータや不正確なデータを取り除いて「きれいなデータ」だけを残すプロセスを指す。データクレンジングによってデータ量を減らし、システムを軽くするとともに、攻撃の対象になり得るデータを削減できる。クラウドサービス移行前のデータ整理はCDOの腕の見せどころだ。

分析ツールや管理ツールの評価

 クラウドベンダーが提供するデータ分析ツールや管理ツールを使うことで、企業はデータの分析や活用がしやすくなる可能性がある。クラウドベンダーの選定に当たり、データ分析ツールや管理ツールも評価して自社に最適なベンダーを選ぶことは、CDOの仕事の一部だ。


 後編は、ハイブリッドクラウドにおけるコンプライアンスの注意点を考える。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...