2022年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

「高可用性IaaS」が本当に必要かどうかを考える5つのヒントIaaSの可用性を高める3つのポイント【後編】

IaaSの可用性を必要以上に高めようとすると、インフラの複雑さやコストが増大する可能性がある。HAが本当に必要かどうかを考えるための5つの観点を説明する。

[Johanna McDonald,TechTarget]

 アプリケーションのインフラとしてIaaS(Infrastructure as a Service)を選択すれば、ロードバランサー(負荷分散装置)サービスなど、高可用性(HA)の実現を支援するクラウドサービスを簡単に利用できる。ただしアプリケーションごとに可用性の要件は異なる。ユーザー企業はHAの実現を支援するクラウドサービスを利用する前に、自社のニーズを評価しなければならない。前編「SLAの『99.9%』は何を意味するのか 必要な可用性を計算する方法」と中編「可用性に無駄金を使わない基礎知識 『IaaS』の主な構成要素とは?」に続く本稿は、IaaSでHAを実現するための3つのベストプラクティスのうち、最後の3つ目を説明する。

3.HAが必要かどうかを評価する

 可用性を向上させるためのクラウドサービスを利用する前に、以下の5つの点を自問する。

1.可用性を高くする必要性はあるかどうか

 HAを実現しようとすると、概してコストとシステムの複雑さが増大する。可用性を高く保つことが必ずしも最適とは限らない。

2.可用性を高く保つことがコストに見合うかどうか

 ダウンタイム(システム停止時間)が発生したときの復旧までにかかる予測時間と、エンドユーザーの反応を考える。そしてダウンタイムの許容最大時間を計算し、その要件を満たす具体的なHA実現計画を立てる。IaaSの可用性とダウンタイムを監視して記録することが、ダウンタイムの許容最大時間を把握する方法の一つになる。

3.HAによって達成を目指す目標は何か

 データ処理の高速化など、可用性向上に関する自社の目標を明確化する。アプリケーションがもたらす価値や用途に対して、稼働時間の要件が適しているかどうかを検討する。

4.HAの実現が必要以上の複雑さを招いていないかかどうか

 HAは、さまざまな技術や手法によってもたらされる。それらは併用し、組み合わせることができる。より低いコストでHAを実現するシンプルな方法を検討する。

5.HAが意図通りに機能しているかどうか

 HAの実現を支援するクラウドサービスの導入後に、その成果を評価することで、導入が成功しているかどうかを確認する。自然災害などの実際に起きた混乱と照らし合わせて効果を評価する。インフラを監査し、定めた要件を満たしているかどうかを確かめることも必要だ。インスタンス(仮想マシン)に障害が発生したら、SLA(サービス品質保証契約)に規定された時間内にインスタンスが回復する必要がある。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...