2022年04月17日 10時30分 公開
特集/連載

無料機能「chkdsk」のHDDチェックが速くなる主要パラメーター一覧「Windows 10」ドライブ障害の対処法【第3回】

「Windows 10」ユーザーであれば無料で使えるドライブ修復機能「chkdsk」。その処理内容を指定するパラメーターを覚えておくと、chkdskをより快適に利用できる。主要なパラメーターを整理しよう。

[Gary Olsen,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows | ハードディスク


 「Windows 10」が標準搭載するドライブ診断・修復機能「chkdsk」(チェックディスク)は、HDDやSSDといったドライブの問題を修復する。Windows 10ユーザーであれば無料で利用可能だ。chkdskには、処理内容を指定する豊富なパラメーターがある。

「chkdsk」の知っておきたい主要パラメーター

 「コマンドプロンプト」(Command Prompt)などWindows 10のCLI(コマンドラインインタフェース)に「chkdsk /?」というコマンドを入力すると、各種パラメーターの使い方を確認できる。chkdskの基本的なパラメーターには、

  • /f
    • ディスクのエラーを修正する。
  • /r
    • 不良のセクタ(データを読み書きする最小区画)を見つけて、読み取り可能な情報を回復する。

がある。次のパラメーターを指定して、使用するシステムリソースを増やしたり、操作を限定したりすると、chkdskの実行時間を短縮できる。

  • ボリューム(ファイルやフォルダなどを保存する論理的な領域)名
    • 特定のボリュームに対してchkdskを実行する。これにより問題を素早く確認できる。
  • /perf
    • より多くのシステムリソースを割り当てて処理を高速化する。この場合、実行中のアプリケーションのパフォーマンス(処理速度や応答速度など)が低下する可能性がある。ファイルシステムがNTFSの場合に利用できる。
  • /scan /forceofflinefix
    • 問題が見つかった際、「オフライン修復」のために修復をキュー(処理待ち行列)に挿入する。オフライン修復は、問題が存在するボリュームのマウント(OSが認識して利用可能な状態にすること)を解除した後に、その問題の修復を実行することを指す。ファイルシステムがNTFSの場合に利用できる。
  • /i
    • ボリュームの診断範囲を限定し、実行時間を短縮する。ファイルシステムがNTFSの場合に利用できる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...

news114.jpg

B2B企業のSEO記事コンテンツ制作、「外注に失敗」の経験が8割超――EXIDEA調査
SEOのノウハウはもちろん重要ですが、記事制作を外注するに当たっては、自社や業界のこと...

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。