2022年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

「最新で最高のツール」という宣伝に踊らされる人、冷静に見極められる人の違いIT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第2回】

ビジネスを取り巻く環境が急速に変化する中で、CIOは常に「いつ、どのような技術を導入するか」という判断に追われている。新技術のきらびやかな広告を目にして導入を悩んだとき、最適な選択をするには。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

CIO


 新技術の宣伝文句に踊らされず、適切なIT戦略を立てるために、最高情報責任者(CIO)は何をすればよいのか。本連載は以下に示す3つの方法を紹介する。第1回「約9割が『DX』にプレッシャー CIOを惑わせる“あおり文句”の誘惑」に続く第2回となる本稿は、このうち1つ目を解説しよう。

  1. ビジネスの成果を重視する
  2. 見過ごされているコストについて考える(第3回で紹介)
  3. 識別力と創造力のバランスを取る(第4回で紹介)

1.ビジネスの成果を重視する

 「新技術のあおり文句の餌食にならないように、CIOは戦略的計画を心の支えとすべきだ」。調査会社Gartnerでリサーチバイスプレジデント兼アナリストを務めるジョン・デイビッド・ラブロック氏はそう話す。

 やろうとしていることと、それを進めていく時間軸を組み合わせた計画が必要だとラブロック氏は指摘する。そうすれば「CEOや経営幹部が宣伝に踊らされて『これはまさにわれわれが求めていた期待の技術だ』と言い出したとき、適切な答えを返すことができる」と同氏は語る。

 CIOはビジネスの成果を第一に考えた技術導入計画を立てることで、「自社が必要とする技術は何か」を明確化できるようになる。技術導入計画を用意しておき、導入を検討しているIT製品が「いつ、どこで、どのような理由で計画に合致するのか」を答えられるようにしておく。そうすれば「技術の宣伝文句に踊らされたり、新技術を導入しなければならないというプレッシャーを真に受けたりしなくて済む」とラブロック氏は説明する。

 金融機関Principal Financial Servicesでシニアバイスプレジデント兼最高情報責任者(CIO)を務めるキャシー・ケイ氏は、このアプローチを取っている。「技術にこだわる前に、まず解決しようとしている課題と達成しようとしている結果を理解することが非常に重要だ」とケイ氏は考える。同社のエンタープライズアーキテクチャチームは、定期的に新たな技術を検証し、それが企業にどのような価値をもたらす可能性があるかを評価している。これには、ビジネスニーズの解決や顧客サービスの改善に有望な製品、サービスの試験運用も含まれる。

 「個々の技術への投資判断は、その戦略的適合性はもちろん、そうした技術を実際に使いこなすチームの能力に依存する」とケイ氏は述べる。


 第3回は、2つ目のヒントを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...