2022年04月10日 10時30分 公開
特集/連載

無料でHDDを修復できる「chkdsk」の簡単な使い方と注意点「Windows 10」ドライブ障害の対処法【第2回】

ドライブに発生した問題を検出したり、修復したりする機能が「chkdsk」だ。「Windows 10」ユーザーであれば無料で使えるchkdskの仕組みと、その基本的な使い方を整理する。

[Gary Olsen,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows | ハードディスク


 「Windows 10」搭載PCにおいて、HDDやSSDといったドライブの問題を修復するには、

  • PCの基本制御プログラムであるBIOSやUEFI準拠ファームウェアの機能
  • Windows 10の「chkdsk」(チェックディスク)

という、無料で使える2種類のドライブ診断・修復機能が役立つ。ドライブの問題を解決するには、まずBIOSやUEFI準拠ファームウェアの機能を使用する。実行方法はPCによって異なるが、起動時に「F10」キーや「F2」キー、「エスケープ」(Esc)キーを押す方法が一般的だ。使い方は画面のテキストで確認できる。

無料で使える「chkdsk」はこう使う

 chkdskは、「コマンドプロンプト」(Command Prompt)などWindows 10のCLI(コマンドラインインタフェース)で使用する。chkdskは、ドライブをスキャンして不良のセクタ(データを読み書きする最小区画)を探し、問題を修復できる。

 HDDの場合、磁気ディスクの表面は同心円状のトラックに区切られており、トラックはさらに小さいセクタに分かれていて、これらのセクタのデータを磁気ヘッドが読み書きする。磁気ディスクが物理的に破損して読み取れなくなると、Windows 10はエラーや警告を記録する。chkdskはそうした不良セクタを見つけ、新しいセクタにデータを書き込み、元のセクタには再使用できないことをマークする。

 chkdskを実行するには、まずWindowsの検索ボックスに「CMD」と入力し、見つかったコマンドプロンプトを選択してから、検索結果の右ペインにある「管理者として実行」を選択して開く。コマンドプロンプトが開いたら「chkdsk」と入力し、パラメーターを指定する。パラメーターのリストは「chkdsk /?」を実行すると確認できる。

chkdskには注意点も

 簡単に使えるものの、chkdskには注意点がある。実行前に次の点を確認しておこう。

  • chkdskはCLIから実行する
  • chkdskは物理的なドライブに対して実行できる
  • chkdskを実行するにはドライブをオフラインにする必要がある
    • システムドライブ(通常はCドライブ)に対して実行すると、Windows 10は実行要求をキューに入れ、次回の再起動時に実行する。
  • chkdskはWindows 10の起動時に実行できる
    • Windows 10が正常に起動しないときは、Windows 10の起動時にchkdskを実行してドライブを修復すると、問題を解決できる場合がある。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...