不況でも稼げるプログラマーが知っている「プログラミング」の基本はこれだプログラミングのこれまでとこれから【第1回】

プログラマーの雇用市場は活況を呈している。雇用市場の概況から特に需要のある分野を見つつ、プログラミングの基礎知識をおさらいする。

2023年10月11日 05時00分 公開
[Andy PatrizioTechTarget]

 著名ITベンダーが次々にレイオフ(一時解雇)に踏み切った。そうした中で技術者、とりわけプログラマーの雇用が安定しているのが際立つ。まずIT雇用市場の見通しを踏まえた上で、不況でも稼げる職種プログラマーが知っている“プログラミングの基本”を押さえておこう。

“あの言語”にも需要? 安定職プログラマーにとっての基本とは

 米雇用市場調査会社Janco Associatesが2023年1月に公開した調査レポートによると、技術職の市場は2023年、17万4000件の雇用が新たに増える見込みだ。2022年12月の失業率は1.8%で、全職種の失業率3.5%の半分ほどだった。

 調査によると、IT雇用市場には合計で20万件を超える求人がある。特に需要があるのは以下の分野だった。

  • セキュリティ専門家
  • プログラマー
  • 分散型台帳の技術であるブロックチェーンの技術者

 プログラマーの需要は安定していると言える。時代遅れになったプログラミングスキルはほとんど存在しない。1950年代に開発されたプログラミング言語「COBOL」の雇用市場も残っている。ただし需要のより高い分野を目指すプログラマーは、取り組む分野を見極める必要がある。

そもそもプログラミングとは何か

 プログラミングの目的は、コンピュータ内でタスクを実行するアプリケーションの作成だ。アプリケーションの作成とは、コンピュータが受け取る一連の命令をプログラミング言語で記載することを指す。記述するプログラム、すなわちソースコードをファイルに格納し、コンパイル(実行可能ファイルに変換)してアプリケーションは完成する。プログラミング言語には、「Java」や「Python」などさまざまな種類がある。

 ソースコードは、コンピュータが解釈できる言葉に変換されて実行される。コンピュータが直接解釈できる「機械語」に一対一対応したプログラミング言語は「アセンブリ言語」という。人がアセンブリ言語でソースコードを書くことは簡単ではない。

 プログラミングは、システム開発のプロセスの一つに過ぎない。アプリケーションを作成するに当たっては、事前の設計や計画、構想が欠かせず、アプリケーションの設計および主要機能の定義が完了しないとプログラミングに取り掛かることはできない。ソースコードを記述した後には、テストとデバッグ(エラー修正)が待っている。こうしたプロセスを経て初めて、アプリケーションのデプロイ(実装)が可能になる。


 第2回は、プログラミングの登場から2020年代の現在に至るまでに、プログラミングに起きた変化について解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...