2023年06月09日 08時15分 公開
特集/連載

「Python」と「Go」を徹底比較 学ぶべきプログラミング言語はこれだ「Python」と「Go」の違いを比較【第7回】

開発者に人気のプログラミング言語「Python」と「Go」。どちらの方がより適しているのかを判断する際のヒントになる、両者の違いを紹介する。

[Matthew GrasbergerTechTarget]

 プログラミング言語「Python」と「Go」(「Golang」とも)は、どちらも開発者に人気がある点で共通しているが、幾つかの重要な違いがある。両者の主要な違いを踏まえて、総合的に両者を比較しよう。

結局、PythonとGoのどちらを選べばよいのか

 初心者にとってPythonは、ソースコードが読みやすくて教材が豊富な、とっつきやすいプログラミング言語だ。Goよりも長い歴史があり、開発を支援するサードパーティー製ツールが充実している。

 Pythonはプログラムが変数の型(数値や文字列といったデータの種類)を自動で決定する「動的型付け」を採用する。プログラムの実行時にソースコードを解釈して実行する「インタープリタ言語」でもある。こうした仕組みを好む開発者は、Pythonを検討する余地がある。Pythonは用途を問わない汎用(はんよう)言語であり、さまざまなパッケージ(拡張機能群)に支えられている。

 GoはPythonよりも、複数のスレッド(プログラムの実行単位)を並行して実行する「マルチスレッド」を簡単かつ迅速に管理できる。パッケージ(関数群)を管理する仕組みである「Goモジュール」(Go module)があり、パッケージを過不足のない状態にしやすい。

 PythonよりもGoの方がプログラムの実行速度が高速な傾向がある。この利点は、プログラムの実行環境を仮想化する「コンテナ」を利用する際にGoを選ぶ動機になり得る。ハードウェアリソースの利用規模を迅速に変更できるという、コンテナの利点を生かしやすいからだ。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...