「Python」と「Go」を徹底比較 学ぶべきプログラミング言語はこれだ「Python」と「Go」の違いを比較【第7回】

開発者に人気のプログラミング言語「Python」と「Go」。どちらの方がより適しているのかを判断する際のヒントになる、両者の違いを紹介する。

2023年06月09日 08時15分 公開
[Matthew GrasbergerTechTarget]

 プログラミング言語「Python」と「Go」(「Golang」とも)は、どちらも開発者に人気がある点で共通しているが、幾つかの重要な違いがある。両者の主要な違いを踏まえて、総合的に両者を比較しよう。

結局、PythonとGoのどちらを選べばよいのか

 初心者にとってPythonは、ソースコードが読みやすくて教材が豊富な、とっつきやすいプログラミング言語だ。Goよりも長い歴史があり、開発を支援するサードパーティー製ツールが充実している。

 Pythonはプログラムが変数の型(数値や文字列といったデータの種類)を自動で決定する「動的型付け」を採用する。プログラムの実行時にソースコードを解釈して実行する「インタープリタ言語」でもある。こうした仕組みを好む開発者は、Pythonを検討する余地がある。Pythonは用途を問わない汎用(はんよう)言語であり、さまざまなパッケージ(拡張機能群)に支えられている。

 GoはPythonよりも、複数のスレッド(プログラムの実行単位)を並行して実行する「マルチスレッド」を簡単かつ迅速に管理できる。パッケージ(関数群)を管理する仕組みである「Goモジュール」(Go module)があり、パッケージを過不足のない状態にしやすい。

 PythonよりもGoの方がプログラムの実行速度が高速な傾向がある。この利点は、プログラムの実行環境を仮想化する「コンテナ」を利用する際にGoを選ぶ動機になり得る。ハードウェアリソースの利用規模を迅速に変更できるという、コンテナの利点を生かしやすいからだ。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...