2023年06月02日 08時15分 公開
特集/連載

コンテナと相性の良いプログラミング言語は「Python」と「Go」のどっち?「Python」と「Go」の違いを比較【第6回】

開発したプログラムをコンテナで稼働させたい場合、「Python」と「Go」のどちらを選ぶべきなのか。コンテナを扱う上で、両者にどのような違いがあるのか。

[Matthew GrasbergerTechTarget]

 プログラミング言語「Python」と「Go」(「Golang」とも)には、さまざまな違いがある。両者の主要な5つの違いのうち、5つ目を説明する。取り上げるのは、プログラムの“速さ”を重視する場合に、特に見落とすことのできない違いだ。

比較ポイント5.「コンテナ」との“相性”

 Pythonプログラムは、しばしばGoプログラムよりも実行速度が遅い。特にプログラムの実行環境を仮想化する「コンテナ」内でプログラムを動作させる場合、PythonとGoにおいて顕著な差が生じることがある。

 コンテナの主な利点は、プログラムが利用するストレージ容量やネットワークの帯域幅(回線容量)といったリソース利用規模を迅速に変更できることだ。こうした利点を最大限に生かすためには、プログラムの実行速度が速いプログラミング言語を選ぶのが効果的だと言える。

 プログラムの実行速度を考えると、コンテナの利用時にはPythonよりもGoを選択するのが自然だ。「Docker」や「Kubernetes」といったコンテナを扱うための主要なツールがGoで開発されていることは、単なる偶然ではない。


 次回は、これまでに紹介した違いを基に、PythonとGoを総合的に比較する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...