リモートデスクトップとローカルアプリを別々のディスプレイに表示させる方法「リモートデスクトップ」でマルチディスプレイを使う方法【第4回】

「リモートデスクトップ」をマルチディスプレイで利用する際、リモートデスクトップとローカル端末のアプリケーションの画面を、それぞれ別のディスプレイに表示させることができる。その方法とは。

2023年05月23日 08時15分 公開
[Chris TwiestTechTarget]

 MicrosoftのOS「Windows」が標準機能として搭載する「リモートデスクトップ」(ローカル端末で別のWindows端末の画面を操作する機能)では、複数のディスプレイに画面を表示させる「マルチディスプレイ」(マルチモニターとも)を利用可能だ。リモートデスクトップでマルチディスプレイを利用できるようにすることは、エンドユーザーの生産性向上に役立つ。

 リモートデスクトップのユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を向上させるためには、マルチディスプレイの設定に加えて、幾つかの設定が有効な場合がある。主要な設定を紹介しよう。

選択したディスプレイのみをリモートデスクトップで使えるようにする

 Windows標準のリモートデスクトップ用クライアントアプリケーション「リモートデスクトップ接続」は、マルチディスプレイを使用する設定を自動的に検出し、利用可能な全てのディスプレイに画面を表示する。こうした仕組みは状況によっては、適切とは言えない場合がある。

 例えばローカル端末に3つのディスプレイを接続しており、1つ目のディスプレイをローカルアプリケーション用、2つ目と3つ目のディスプレイをリモートデスクトップ用に使用することを考えよう。これは以下の方法で実現できる。

 Windowsのタスクバーにある検索アイコンをクリックし、「mstsc /l」と入力して「Enter」キーを押すと、リモートデスクトップで利用可能なディスプレイのIDを示すダイアログボックスが現れる。この情報を基に、リモートデスクトップの設定ファイルである「RDPファイル」(拡張子が「rdp」のファイル)の設定を変更すればよい。リモートデスクトップで使うディスプレイの設定項目は「selectedmonitors:s:値」だ。値にはディスプレイのIDを列挙する。

 ローカルアプリケーションに使用するディスプレイのIDが0、リモートデスクトップに使用する2つのディスプレイのIDが1、2である場合を考えよう。この例では、selectedmonitors:s:値を「selectedmonitors:s:1,2」と設定する。マルチディスプレイの設定項目である「use multimon:i:値」については、マルチディスプレイを有効化するために「use multimon:i:1」と設定すればよい。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...