2021年09月27日 05時00分 公開
特集/連載

「Zoom」の録画データをクラウド保存する簡単な方法「Zoom」録画データの保存先はどこ?【後編】

「Zoom」の有料プランを利用していれば、レコーディング機能で録画したデータをZoomのクラウドインフラに保存できる。その場合の手順と設定は。

[David Maldow,TechTarget]

 前編「『Zoom』の録画データをローカル保存する簡単な方法」に続き、後編となる本稿はZoom Video CommunicationsのWeb会議ツール「Zoom」について、Web会議の録画データをZoomのクラウドインフラに保存する手順と設定を紹介する(録画データをZoomのクラウドインフラに保存するには有料プランの利用が必要)。

Zoom録画データをクラウド保存する方法

 録画データをZoomのクラウドインフラに保存する際の設定は、少々分かりにくい。保存先をZoomのクラウドインフラに設定したときの録画は、自分のコンピュータではなくZoomサーバで実行されている。そのためユーザーは、Zoomのクライアントアプリケーションから直接、録画データを管理できない。

 Zoomのクラウドインフラを使った録画を管理するためには、ユーザーはWebブラウザからZoomのアカウントにログインする必要がある。Zoomクライアントアプリケーションの「レコーディング」メニューには、Zoomのクラウドインフラに保存した録画データの管理機能へのショートカットボタンがある。このボタンをクリックすると、コンピュータのWebブラウザが開き、自分のZoomアカウントの録画管理ページが表示される(画面2-1)。

画面2-1 画面2-1 Zoom録画データのクラウド保存の管理画面(画面は英語版)《クリックで拡大》

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...