知れば怖くない? Google検索で超重要な「コアアップデート」とはGoogle検索でWebサイトを上位に表示する方法【第4回】

検索アルゴリズムのアップデートは、Google検索におけるWebサイトの掲載順位に大きな影響を与えることがある。主要なアップデートには、どのようなものがあるのか。Googleは何のためにアップデートを繰り返すのか。

2023年09月14日 07時00分 公開
[Ben LutkevichTechTarget]

 Googleの検索エンジン「Google検索」(Google Search)は、エンドユーザーが適切なWebサイトにたどり着くための入り口としての機能を果たしている。Google検索の検索結果ページ(SERP)で上位に表示されるようにすることは、企業が自社Webサイトへの訪問者数を増やす上で重要だ。

 SERPにおけるWebサイトの掲載順位を決めるのが「検索アルゴリズム」だ。検索アルゴリズムは、さまざまな項目を基にWebサイトを評価する。検索エンジンは、検索アルゴリズムで高い評価をしたWebサイトを、SERPの上位に表示する傾向がある。

知れば怖くない? Google検索の「コアアップデート」とは

 検索アルゴリズムのアップデートによって、SERPでのWebサイトの掲載順位は変動する。SEO(検索エンジン最適化)の専門家が、検索アルゴリズムのアップデートに常に注意を払っているのは、そのためだ。

 Googleは1日に何回か、検索アルゴリズムの小規模なアップデートを実施することがある。こうしたアップデートのほとんどは、注目するほどの変化を及ぼさない。SEOの専門家は、Google検索の検索アルゴリズムにおけるアップデートの兆候を探し、互いに報告し合っている。Webサイトへのアクセス数やWebサイト内のクリック数が突然低下することは、Googleが検索アルゴリズムのアップデートを実施したサインの場合がある。

 SERPの掲載順位に大きな影響を与える検索アルゴリズムのアップデートが「コアアップデート」だ。Googleは通常、年に数回のコアアップデートを実施する。その他、Google自身が特定のアップデートに名前を付け、内容を公表する場合がある。過去に公表したアップデートは「リンクスパム対策アップデート」「ヘルプフルコンテンツアップデート」「商品レビューに関するアップデート」などだ。

Googleの検索アルゴリズムの未来

 Google検索における検索アルゴリズムのアップデートには、一貫した目的がある。それは専門的で信頼できるコンテンツを掲載している、高品質なWebサイトをSERPの上位に表示することだ。同社は将来的に、AI(人工知能)技術を備えたチャットbotをGoogle検索に組み込み、会話型の検索サービスが利用できるようにする可能性がある。検索アルゴリズムの継続的かつ小規模なアップデートと、大規模なアップデートを自動的に実施するようになるとの見方もある。

関連キーワード

Google | Google Chrome | SEO | Webサイト


TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...