2022年02月22日 05時00分 公開
特集/連載

面接官が「これまでで最も難しかった開発プロジェクト」を聞く理由アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【前編】

アプリケーションアーキテクト職に就く人材に対して、企業が求めるスキルは何か。「これまで最も難しかった開発プロジェクト」といった企業の面接官が応募者に問い掛けがちな質問から、求められる人材像を読み解く。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

アプリケーション開発 | 人事


 アプリケーションアーキテクトになるには、さまざまなスキルが必要だ。アプリケーションアーキテクトはビジネス部門と開発部門の意見を調整しながら、アプリケーションの設計と開発を推進する。この職務は、アプリケーション開発やインフラ管理ができるだけでは務まらない。業界のトレンドを把握し、企業が持つビジネス目標を実現するための戦略を理解する有能な問題解決者である必要がある。

 企業がアプリケーションアーキテクトに求める教育や経験、スキルを考えると、この職種に就く人材は技術面だけでなく、ビジネス面にも関わる上級管理者という立場になる可能性がある。技術的な専門知識のあるIT担当者にとって、アプリケーションアーキテクトは素晴らしいキャリアパスになる。

 アプリケーションアーキテクトの志望者は、採用面接にどのように備えればよいのか。アプリケーションアーキテクトは、企業によって仕事の内容や業務範囲が大きく異なるため注意が必要だ。面接に備えるためには、応募先企業に関する以下のような情報を得て、最大限に活用することが賢明な方法となる。

  • 応募先企業が属する業界に関する情報
  • 主な競合企業
  • 特殊なビジネスポリシーがあるかどうか
  • 顧客との関わり方

 面接官はアプリケーションアーキテクトに関連する幾つかの一般的な質問を用いて、志望者の持つ基本的なスキルを測る。本稿は、アプリケーションアーキテクトの面接で一般的に問い掛けられる3つの質問を紹介し、その根底にある意図を探る。

質問1.「これまでで最も難しかった開発プロジェクトは何か」

 アプリケーションアーキテクトは、有能な問題解決者であることが望ましい。面接官は「これまでで最も難しかった開発プロジェクトは何か」という質問から、応募者が自身の知識をどのように複雑な問題に適用できるのかを確認する。アプリケーションアーキテクトの仕事の一つは、アプリケーション開発に影響する重大な問題を特定し、解決のための選択肢を評価することだ。このときアプリケーションアーキテクトは、アプリケーション開発における技術的なニーズとビジネス面のニーズの双方を満たす選択肢を追求しなければならない。業務プロセスを新たに作り出すことも、既存のプロセスを改善することも問題解決の方法になる。採用した方法を詳しく説明できる応募者が成功する。

 この質問で面接官は、応募者の問題解決における基本スキルを確かめる。加えて面接官は、問題解決に用いた技術に応募者が精通していることも確認しようとしている。例えばソフトウェアの比較的単純なバグを解決した応募者よりも、構成が複雑なインフラ設備を正しく実装し、断続的に起きるAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の障害を解決した応募者の方が企業に望まれる傾向にある。応募者はこの質問への回答で、特定のプログラミング言語や製品を活用した経験を伝えることが望ましい。


 後編は、残る2つの質問「データを収集、分析する際に重視する指標は何か」「気難しい開発者や同僚にどのように接するか」について解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.png

クラウドサーカスのMAツール「BowNow」が機能拡充、無料版でもメール配信が可能に
リードナーチャリング活動をよりミニマムにスタート可能に。

news016.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...