「テレワーク離職」の兆候は“あの時間”で分かる特選プレミアムコンテンツガイド

パンデミックは企業にテレワークの採用を促し、働き方の“常識”を変えた。事態が沈静化する中で、企業は新たな課題に直面する可能性がある。それは従業員が蓄積してきた「離職願望」への対処だ。

2021年10月29日 08時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の収束とともにテレワークをやめ、完全なオフィスワークに戻そうとする企業がある。ただし、それは“危険な賭け”だ。オフィスワークが不可欠な業務もあるし、オフィスでの従業員同士の生の交流がもたらす連帯感や、そこから生まれるビジネスアイデアは、企業にとって大きな魅力がある。一方でテレワークにおける生産性向上を実感しながらも、パンデミックの間に待遇や企業風土などへの不満から「離職願望」を抱いていた従業員にとって、「テレワーク終了のお知らせ」は勤務先に見切りを付けるきっかけになり得る。

 テレワークを続けるにしても、やめるにしても、企業はその決断によって優秀な人材を流出させる事態は防ぐ必要がある。企業が対策を考える上で参考になるのが、離職寸前の従業員が示す“ある兆候”だ。それは何なのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料は、パンデミック収束に伴って企業が直面し得る人材面での課題と、その対処法を探る。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:コロナ収束後の採用市場はどう変わるか

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...