“AIで法令順守”が金融機関にもたらす「スピード」「セキュリティ」の正体金融機関が「AI」でコンプライアンスを効率化する方法【中編】

コンプライアンスに人工知能(AI)技術を生かすことで、金融機関が改善できることに「スピード」と「セキュリティ」があるという。それぞれどのような効果があるのか。

2023年02月23日 05時00分 公開
[Yuktesh KashyapTechTarget]

関連キーワード

金融


 規制の変化が激しい金融業界で、金融機関がコンプライアンス(法令順守)を維持し続けるのは困難だ。人工知能(AI)技術の活用は、金融機関がコンプライアンスを効果的かつ効率的に進めるために大きな役割を果たす。特に効果が現れやすいのが「スピード」と「セキュリティ」だ。

AIは「スピード」と「セキュリティ」をどう向上させるのか

 勘定系システムに機械学習などの高度なAI技術を使用し、かつ支払額や口座、取引履歴といったデータを標準化することで、送金処理のスムーズな自動化と迅速化が可能になる。ATM(現金自動預払機)の取引で、迅速な出金のために出金額を提案したり、特定の取引に使用するクレジットカードを提案したりすることも、AI技術の活用で実現しやすくなる。

 金融機関は、規制の変更を常に把握し、罰則やリスクを回避する必要がある。AI技術の一種である自然言語処理(NLP)技術は、文書の分析や分類を通じて規制に関する関連情報を抽出し、規制変更管理を効率化、迅速化できる。NLPベースのAIシステムは、プロセスが所定の手順に沿っているかどうかを監視するのに役立つ。規制変更によって影響を受けるプロセスを特定し、金融機関が規制変更に対処しやすくする。

 セキュリティの強化にも、AI技術は貢献する。AI技術によるリアルタイムのデータ分析は、不正な決済を検知しやすくする。AI技術の進化により、金融機関は事前に何らかの異常やリスクを把握することが容易になった。不正な取引と正当な取引を区別しやすくなったのだ。サイバー犯罪が複雑化する中、AI技術で決済のセキュリティを確保することは、金融機関にとって重要になりつつある。

 情報漏えいを回避するためには、金融機関はさまざまなデータを駆使して、異常な行動や不整合を特定することが極めて重要だ。これらを徹底することで、金融機関は盗難やマネーロンダリング(資金洗浄)、詐欺などから身を守ることができる。


 後編は、コンプライアンスにAI技術を活用する際の課題について解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...