「在宅ワークに飽きてきた」の悩みを解消する“面白いガジェット”8選はこれだポストコロナ時代のお薦めガジェット【中編】

自宅で仕事をするテレワーカーに、ホームオフィスを快適にするガジェットを贈るのは名案だ。米TechTargetのギーク(技術オタク)のお薦めを基に、プレゼントにぴったりのガジェットを紹介しよう。

2023年12月29日 08時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

関連キーワード

新型コロナウイルス


 2023年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(感染症の世界的な流行)が落ち着き、ポストコロナ時代に突入した。オフィス回帰の傾向は見られるものの、テレワークは働き方の主流として定着したと言える。そこで本稿は、ホームオフィスを快適にするガジェットを8つ紹介する。どれもテレワーカー向けのプレゼントにぴったりだ。

意外と持っていない? テレワークの実用的ガジェット

1.Web会議用ツール

 常にテレワークを実施している人ではなくても、とりあえず“最低限のWeb会議用ツール”をそろえた人は一定数いる。そうした人は、品質の良いマイクとWebカメラをもらうと喜ぶだろう。

 Webカメラとしては、ギーク(技術オタク)はお薦めにLogitech Internationalの「Logitech 4K Pro」(旧称「Logitech Brio」)や「Logitech C922」などを挙げる。

 マイクのお薦めとしては、音響メーカーShureの「Shure MV7」や、Logitech Internationalのスタンド付きマイク「Blue Yeti X」がある。Shure MV7にはスタンドが付いていないので、家電メーカーGradus Group(Aurayの名称で事業展開)のデスクトップ向けマイクスタンド「Auray TT-6220」やブームマイクスタンドと併せると良いプレゼントになる。

2.オフィスチェア

 オフィスチェアもテレワークの必需品の一つだ。ギークがお薦めするのは、米国の家具メーカーHaworthのオフィスチェアだ。1000ドルから2000ドル前後と安くはない買い物になるが、同社のオフィスチェアは人間工学に基づいた設計を採用しており、腰への負担軽減に役立つ。

テレワークで心配な“健康課題”を解決

 テレワーク中の運動不足に悩むテレワーカーには、家庭向けフィットネス機器を贈ることを検討してもいいだろう。テレワーカーに限らず、オフィスワーカーは日中の運動量が不足する傾向にある。座ってばかりのライフスタイルは健康にも寿命にも良くない。

3.ワークアウトバー

 運動を始めるために役立つガジェットの一つが、Iron Gymの「ワークアウトバー」だ。自宅の戸口に引っ掛けて、懸垂や腕立て伏せ、腹筋などに使うことができる。まとまった時間を作ってトレーニングをするよりも、隙間時間を使って短時間のトレーニングをする方が継続しやすい、と考える人に向いている。

4.重量ベスト

 有酸素運動をしたいけれど、走るのが苦手だったり、膝が痛いといった悩みを抱えたりしている人には「重量ベスト」がお薦めだ。重量ベストを着てウォーキングすることで、身体に負荷を掛けられる。ギークはRogue Fitnessや5.11 Tactical、TRXなどのトレーニング機器メーカーが提供する重量ベストをお薦めする。

テレワーク中の“一息つきたい”を応援

5.スマートフォンスタンド

 テレワーク中は適度な息抜きが必要だ。気分転換に役立つガジェットを贈るのもよい。例えば休憩中にスマートフォンで動画を見たいテレワーカーにとって、充電機能を搭載したスマートフォンスタンドは実用的でうれしいプレゼントだ。スマートウォッチの充電器が一緒になっているスタンドや、縦置きと横置きどちらも可能なスタンドがギークのお薦めだ。

6.モバイル気象観測装置

 相手の趣味に合わせた贈り物もよい。例えば気象観測が趣味の相手なら、インターネット接続可能なモバイル気象観測装置「WeatherFlow Tempest」なら喜んでもらえるだろう。API(アプリケーションプログラミングインタフェース)や製品コミュニティーがあり、他の人との交流も可能だ。

7.メタルポスター

 室内装飾もプレゼントに最適だ。メタルポスター(金属素材に印刷したポスター)の販売WebサイトDisplateは、映画やアニメのキャラクターなどさまざまなデザインのメタルポスターを販売している。メタル素材で洗練した雰囲気が出る他、紙のポスターと比べて耐久性に優れているというメリットがある。付属のマグネットシールを用いて、自宅の壁に容易に固定することができる。

8.電気ポッド

 最後に、テレワーク中のお供として欠かせないのが飲み物だ。あるギークは、象印マホービンの電気ポッド「CV-DSC」を11年間愛用し、朝のコーヒーやスープ作りに重宝しているという。「パッキンを交換することで長年にわたって問題なく使えている」とその人は話す。


 後編は、出張が再開した人にお薦めのガジェットを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...