2021年09月30日 05時00分 公開
特集/連載

「ロボットの同僚」と協働できる社員をどう育てるか競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第4回】

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、業務自動化技術の導入を後押ししている。「ロボットの同僚」と共に働く機会は今後増える可能性がある。ロボットと協働できる人材をどう育てればいいか。

[Pam Baker,TechTarget]

関連キーワード

人事


 第3回「LinkedInが明かす『競争優位性が高い企業』の条件とは?」は、従業員のスキルを高める「スキルアップ」と、従業員に新たなスキルを身に着けてもらう「リスキリング」を、企業の人材開発(L&D)部門担当者がどう捉えているかを解説した。第4回は、導入が進む業務自動化技術や人工知能(AI)技術と人間が共存するためにはどうすればいいかを解説する。

「ロボットの同僚」と協働できる従業員とは

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...