「ロボットの同僚」と協働できる社員をどう育てるか競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第4回】

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、業務自動化技術の導入を後押ししている。「ロボットの同僚」と共に働く機会は今後増える可能性がある。ロボットと協働できる人材をどう育てればいいか。

2021年09月30日 05時00分 公開
[Pam BakerTechTarget]

関連キーワード

人事


 第3回「LinkedInが明かす『競争優位性が高い企業』の条件とは?」は、従業員のスキルを高める「スキルアップ」と、従業員に新たなスキルを身に着けてもらう「リスキリング」を、企業の人材開発(L&D)部門担当者がどう捉えているかを解説した。第4回は、導入が進む業務自動化技術や人工知能(AI)技術と人間が共存するためにはどうすればいいかを解説する。

「ロボットの同僚」と協働できる従業員とは

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォーム...

news034.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年7月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...