「ロボットの同僚」と協働できる社員をどう育てるか競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第4回】

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、業務自動化技術の導入を後押ししている。「ロボットの同僚」と共に働く機会は今後増える可能性がある。ロボットと協働できる人材をどう育てればいいか。

2021年09月30日 05時00分 公開
[Pam BakerTechTarget]

関連キーワード

人事


 第3回「LinkedInが明かす『競争優位性が高い企業』の条件とは?」は、従業員のスキルを高める「スキルアップ」と、従業員に新たなスキルを身に着けてもらう「リスキリング」を、企業の人材開発(L&D)部門担当者がどう捉えているかを解説した。第4回は、導入が進む業務自動化技術や人工知能(AI)技術と人間が共存するためにはどうすればいいかを解説する。

「ロボットの同僚」と協働できる従業員とは

ITmedia マーケティング新着記事

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...